研修・セミナー

石川県金沢市(2012)

石川県金沢市 派遣研修概要

まちが必要とする事業を創り、実行するノウハウを学ぶ

※応募用紙はページ下部のPDFファイルに含まれています。

まちが必要とする事業を創り、実行するノウハウを学ぶ
~研修先:(株)金沢商業活性化センター~

まちづくり会社が運営する商業施設プレーゴ(片町入口側)
まちづくり会社が運営する
商業施設プレーゴ(片町入口側)

豊かな歴史的遺産を持つ加賀百万石の城下町・金沢市の中心市街地では、長らく武蔵地区、香林坊地区という2つの地域が賑わいを形成してきましたが、1990年代半ばからの郊外への大型商業施設の出店に始まり、2006年には金沢駅前への大型ファッションビルの進出、2008年の東海北陸自動車道開通に加え、2014年には北陸新幹線の開業を控えるなど、めまぐるしい変化にさらされています。 こうした変化に対応するため、1998年、行政・商工会議所・地元商店街からの出資によってまちづくり会社として設立されたのが、㈱金沢商業活性化センターです。

(株)金沢商業活性化センターでは、行政や地元商店街等と連携しながら、毎年、新たな取り組みにチャレンジしてきました。遊休地を活用した商業施設「プレーゴ」の運営、買物時に駐車料金の割引が受けられる共通駐車サービス券事業「金沢まちなかパーキングネット」、金沢駅と中心商業地を結ぶ、金沢ショッピングライナー「まちバス」の運行等の自主事業から、子供たちをはじめ市民が中心市街地でパフォーマンスを披露する「金沢まちなかキッズステージ」「マップス」など、様々なまちづくり事業に取り組んでいます。 このように、多岐にわたる事業を持続させていくには、自主事業によって収益を生み出し、それをもとにまちが必要としている他の事業を手がけていく会社運営が必要です。

今回の金沢市派遣研修では、収益を生み出す自主事業を運営しながら、まちが必要とする新たな事業を手がけていく、そのノウハウを、(株)金沢商業活性化センターにご指導いただきます。

一週間の研修では、(株)金沢商業活性化センターが運営する各種事業を経験していただきます。また、新しい事業を組み立てる際の会議に参加・傍聴し、実際に事業を組み立てるノウハウを見て学んでいただきます。

  • (株)金沢商業活性化センターの取り組み紹介
  • 金沢まちなかショッピングマップ発行・サイト開設事業の業務遂行補助
  • 新規事業も含めた事業計画策定に関する会議への参加・傍聴
  • その他各種事業(イベント含む)業務遂行補助 等

特に、行政、商店街等と連携しながら、まちにとって本当に必要な事業を主体的に創出していくことに関心がある方のご応募をお待ちしております。

研修指導者のご紹介

髙本 泰輔 髙本 泰輔

石川県金沢市 (株)金沢商業活性化センター・ゼネラルマネージャー
石川県金沢市出身 昭和49年生まれ。平成12年5月より金沢市中心商店街の活性化に取り組み、全国初のTMOによるテナントミックス事業「プレーゴ」の開発に携わり、まちなかショッピングの回遊性を向上させるため、金沢駅~武蔵地区~香林坊地区を結ぶワンコインバス、金沢ショッピングライナー「まちバス」や、まちなかで買物した際に駐車料金の割引が受けられる「金沢まちなかパーキングネット(まちP)」など、多岐にわたる事業を担当している。

主な研修メニューについて

※研修メニュー詳細は、受講者の関心・学びたいことに応じて事務局にて最終的に決定します。また、現地の都合により、内容に変更が生じる可能性があります。

金沢市派遣研修は11月中旬から下旬の1週間程度で開催します。期間中の主なプログラムをご紹介します。

1. まちづくり会社で事業を企画運営する人材に求められること

週末のまちなかアマチュアパフォーマーイベント「Mapth」
週末のまちなかアマチュア
パフォーマーイベント「Mapth」

北陸の拠点である金沢市の中心市街地は、金沢駅前・武蔵・香林坊の3地区の大きな商業集積地を有しています。その中で、㈱金沢商業活性化センターは、来街者が各地区を行き来し、それぞれの活性化を通じて中心市街地全体が持続的に発展していくための活動を推進するため、行政、民間の数多くの機関と連携・調整しながら事業を実施しています。
今回の研修では、高本さんに帯同し、実際にどのように内部・外部の人たちと話し合いを重ね、各地区の種々のまちづくり事業を企画し運営しているのか、具体的なイメージをつかんでいただくことができます。

2. まちに必要な事業を創りだす、「事業計画会議」で討議する

金沢駅と武蔵地区~香林坊地区を結ぶ100円バス「まちバス」
金沢駅と武蔵地区~香林坊地区を結ぶ
100円バス「まちバス」

(株)金沢商業活性化センターでは、行政や地元商店街等と連携し、環境の変化に応じてまちに必要とされていることを模索しながら、毎年新たな取り組みを生み出してきています。
今回は、次年度の事業計画を討議する社内会議に参加し、新規事業について事業内容・予算・体制を検討し、実現可能なものに構築していく手法を学びます。

3. 「金沢まちなかショッピングマップ」の発刊を体験

今回の研修では、自主事業を中心に多岐にわたる実施事業について、社内外会議の傍聴や、業務随行、業務補助、スタッフとの討議を通して学びます。
特に、研修期間中は金沢市の中心商業地のマップを紙媒体・インターネットサイトで提供する「金沢まちなかショッピングマップ」の発刊時期であり、当事業の業務遂行補助をしていただきながら、実際に、今年度から取り組む新事業に携わることで、まちづくり事業の運営ノウハウを体得することができます。

金沢市派遣研修のご参加について

金沢市派遣研修へのご応募に当たっては、共通の募集要項に加え、以下の点をご確認ください。

  • 開催スケジュールは、2012年11月中旬から下旬のうち1週間程度の開催を予定しています。応募にあたっては、希望する期間をご記入ください。
  • 執務場所は、㈱金沢商業活性化センターとなります。

(株)金沢商業活性化センターからのメッセージ

金沢では、2014年に予定されている北陸新幹線金沢開業を見据えて、地域が一丸となって様々な施策の準備に取り掛かっています。高速交通網が発達することによって、プラス面がある一方、マイナス面も懸念されており、どのように対応、対処していくかが、今後のカギとなっていきます。そのような中で、「まちづくり会社」が実践している各種事業の企画立案、関係団体等との協力体制の築き方、推進方法、取り組み状況、今後の課題などについて、実例を通じてご紹介していきます。特に、行政、民間の多様な関係主体を活かしながら、まちにとって本当に必要な事業を主体的に創出していくことに関心がある方のご応募を期待します。

関連記事

テーマ特集【まちをつくる仕事】「高本泰輔さん(金沢商業活性化センター)」前編
平成23年度現地研修募集概要「石川県金沢市」
動画による取組レポート「石川県金沢市 人が集まる“街の港”『香林坊ハーバー』」
取組レポート「石川県金沢市 空地を利用した商業施設の建設などを仕掛け、まちづくり会社を中心に精力的に取り組んでいる」

関連リンク

株式会社金沢商業活性化センター

登録日 1999年11月03日(水曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト