サイトツール

大分県大分市(2013)

大分県大分市 派遣研修概要

※応募書類はページ下部のダウンロードファイルをご利用ください。

研修内容(予定)

大分県の県庁所在地である大分市は、人口約48万人、都市圏人口が約76万人の東九州の中核都市として栄えてきました。しかし、大分市中心市街地の通行量は、2000年度から2006年度の間で約30%減少、小売業年間商品販売額も大幅に減少し、商業地の中には空き地・空き店舗が増えていました。

このような中、官民協働で設立された大分まちなか倶楽部では、まちなか出店サポートセンターを基軸に様々なリサーチを実施、そこで蓄積されたデータをもとにエリアマネジネントを展開してきました。実施事業はテナントミックスやイベントミックス、中心市街地における情報発信等、多岐にわたります。

特にテナントミックス事業の成果は2008年10月から2012年10月の4年間で110件の開業を実現、その数は商店街エリア全体の約18%にあたります。これにより、空き店舗が多数発生していたアーケード商店街では歩行者通行量も向上、複数のエリアで活性化を実現しました。

こうした立地に即した的確なテナントマネジメントの背景には、大分まちなか倶楽部での購買データや顧客データ、歩行者通行量などのタイムリーなデータの集約と、そのデータに基づくマーケティング分析があります。

今回の大分市派遣研修では、タウンマネージャーである牧昭市さんから、刻々と進化する大分のまちにおいて、社会実験(賑わいづくりと道路減少)、各種会議への参加等を通じて、まちのクオリティを維持していくためのエリアマネジメントの基本的な考え方や、失敗しない空き店舗対策・テナントミックスの手法、データを活用したマーケティング分析等について学んでいただきます。

  • 社会実験(賑わいづくりと道路減少)への参加
  • タウンマネジメントに関する各種会議・ミーティング、リノベーション協議等への同行参加
  • エリアマネジメント、テナントミックス事業、出店サポート時の対応等に係る研修

属性は問いませんが、特にしっかりとしたデータに基づく中心市街地の経営に関心がある方のご応募をお待ちしております。

(募集人数:2名)

講師

牧 昭市 牧 昭市

株式会社 大分まちなか倶楽部 タウンマネージャー
地元ケーブルテレビ会社にて、企業や行政の情報ネットワーク構築に従事、その後、平成15年4月に大分商工会議所へ入所、地域の商業支援ツールとして、ポータルサイト『アイぶんぶんひろば』を開設、併せて中小企業へのICT活用による経営効率化のサポート業務を行なう。
平成19年5月から現職に就き、テナントミックス事業やまちなか週末イベントプロジェクト等の活性化策を手掛ける。

関連記事

平成24年度 現地研修概要
現地研修レポート
まちづくりの手引き(動画教材)「官民一体で進める、エリア全体のテナント・マネジメント ~大分まちなか倶楽部の取り組みから~」
≪テキスト≫官民一体で進める、エリア全体のテナント・マネジメント ~大分まちなか倶楽部の取り組みから~

関連リンク

大分まちなか倶楽部

登録日 2012年10月19日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト