宮崎県宮崎市

宮崎県宮崎市 派遣研修概要

※応募書類はページ下部のダウンロードファイルをご利用ください。

研修内容(予定)

宮崎市は、度重なる合併によって市域が拡大することで、人口は一貫して増加傾向にあるものの、丘陵地での宅地開発が進む中、中心部の人口は減少を始め、それに伴ってまちの賑わいは拡散していきました。

このような状況を踏まえ、2005年には、宮崎市中心市街地の活性化を目的に、7商店街と5大型店(現在6商店街5大型店)が「あたかもひとつのショッピングモールのように」をコンセプトに「DOまんなかモール」を設立、商店街と大型店などの関係者が連携し、連日のようにイベントが行われています。

さらに、2007年には、宮崎市中心市街地活性化基本計画が認定を受け、「橘通りを中心とした公園化」の理念のもと、人と環境にやさしい交通体系づくりを推進し、にぎわい・まちなか居住環境・就業機会を増進、宮崎らしいコンパクトシティの実現を図ってきました。その結果、歩行者通行量、夜間人口、昼間人口いずれもが増加傾向を示しています。

このような宮崎市の中心市街地活性化は、商工会議所がコーディネーターとして中心的な役割を果たし、商店街や大型店、地域団体やNPO法人、市役所や金融機関などが連携・協働する中で、それぞれの役割を認識し、その持てる力を無理なく発揮する(=身の丈の活動を行う)ことにより、まちなかの賑わいを持続的に創出してきました。

今回の宮崎市派遣研修では、1999年のTMO(まちづくり推進機関)事業以来、継続的に中心市街地活性化に関わってきた宮崎商工会議所の松山茂さんを講師に迎え、商工会議所がコーディネーターとしての機能を担うモデルが賑わいづくりを可能にしている仕掛けや工夫、考え方を探ります。

  • 宮崎商工会議所および関連組織のマネジメントの仕組み・業務の説明
  • 日々のマネジメント、事業の企画・運営の紹介(随行、懇談・討議、業務遂行への参加)
  • 商店街のパートナーの紹介(関係者ヒアリング、会議傍聴、イベント参加)
  • マネジメントに関する内外の会議傍聴

特に、地域における意欲ある民間事業のコーディネートに関心をお持ちのまちづくり会社の方のご応募を期待します。

(募集人数:2~3名)

講師

松山 茂 松山 茂

宮崎商工会議所 中小企業相談所 所長
平成元年、宮崎商工会議所に入所。経営指導員、日本商工会議所情報化推進研究会委員、同ネットワーク化研究会委員、専門経営指導員を経て、平成11年からTMO(街づくり推進機関)事業を担当し、宮崎TMO事業構想の策定などに従事。以後、宮崎市の中心市街地の活性化に向けて日々奮闘している。

関連記事

平成24年度 現地研修概要
現地研修レポート
まちづくりの手引き(学習教材)「“まちの主人公”を増やす、参画と連携の仕組み 宮崎市「Doまんなかモール」における賑わいづくり」
動画による取組レポート「宮崎県宮崎市 みんなで一つのまちづくり「Doまんなかモール」」
第36回まちづくりコラム「商店街活性化からまちづくりへ」松山 茂
2009年度宮崎市実践高度化研修レポート

関連リンク

DOまんなかモール

登録日 2012年12月13日(木曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト