研修・セミナー

インターンシップ型実地研修(富良野市)募集要項

1.はじめに

 インターンシップ型実地研修は、タウンマネージャーやまちづくりのリーダーとなることを目指す中堅、若手の方々を対象として、全国各地の先進的なまちづくり会社等における実務体験が行える研修です。まちづくりを先導してきたタウンプロデューサー等の直接指導のもと、まちづくり先進地域の取組を少人数でじっくり学ぶことができます。現場の体験を通じて、実践的なまちづくりの考え方やまちづくりの手法を身につける機会として、ご活用ください。
 今回は、「フラノマルシェとまちづくり‐活性化に資する中核事業の作り方-」をテーマとして、北海道富良野市における研修を開催します。

2.研修の概要

2.1 実施時期

  • 現地:令和元年10月9日(水)16:00- 10月11日(金)12:00 (2泊3日)
  • 事後:令和2年1月(後日調整)

2.2 研修対象者と募集人数

  • 対象者:まちづくり会社、商工会議所等に所属し、今後のまちづくり分野でリーダーシップを発揮することが期待されている人材、タウンマネージャーとして将来的なステップアップを目指している中堅・若手の人材
  • 募集人数:3名程度

2.3 開催地域別の研修テーマ・講師等

  • 研修テーマ:フラノマルシェとまちづくり‐活性化に資する中核事業の作り方-
  • 講   師:西本 伸顕 氏 ふらのまちづくり株式会社 代表取締役

【講師略歴】

西本 伸顕 氏  ふらのまちづくり株式会社 代表取締役
西本 伸顕 大学卒業後、(株)リクルート勤務を経て、1985年の家業の青果卸売会社にUターン。富良野青年会議所、ふらの演劇工房、富良野塾(倉本聰主宰)、インターネット富良野、ラジオふらの、中心市街地活性化協議会など数多くのまちづくり活動に深く関わり、2008年ふらのまちづくり(株)の代表取締役社長に就任。富良野市の中心部に、にぎわい滞留拠点としての集客装置「フラノマルシェ」をつくり、4年3ヶ月で累計300万人を突破。空洞化の危機にあった中心市街地を活性化させることに成功した。著書に「笑説 これが北海道弁だべさ」「フラノマルシェの奇跡」などがある。

2.4 研修の構成

  • 研修は、①現地個別研修、②事後集合研修、セットの研修となっています。また、オプションとして、③フォローアップ研修の実施も可能です。
  • ①現地個別研修
  • 研修期間:令和元年10月9日(水)16:00- 10月11日(金)12:00
  • 開催地:北海道富良野市
  • 研修内容
  • ◇オリエンテーション(自己紹介、課題設定)
  • ◇富良野市における取組の学習
  • ◇意見交換
  • ◇研修レポートの作成

  • ※研修内容の詳細は、後述の参考資料をご参照ください。
  • ※研修内容の詳細は、地元における活動の都合により、変更となる場合があります。また、受講者決定後に、受講者の興味関心に応じて詳細を調整し、事務局にて決定いたします。
  • ②事後集合研修
  • 研修期間:令和2年1月(予定)
  • 開催地:東京
  • 研修内容
  • ◇研修成果を踏まえた今後の活動方針(報告)
  • ◇受講生同士の意見交換
  • ◇講師からのアドバイス
  • ③フォローアップ研修(オプション)
  • 受講生の希望・企画のもと、講師が受講生の地域を訪れて、地域の関係者に対する研修を実施します。受講した研修内容を地域の関係者に効果的に伝えることや、対象地域の状況に即して講師からアドバイスさせていただきます。
  • 研修期間: 2日間程度
  • 研修内容:
  • ◇講師の現地案内、関係者紹介
  • ◇関係者と講師との会議企画・開催
  • ◇地域の課題解決に向けた意見交換  等

  • ※実施については事務局が支援いたします。
  • ※派遣講師は、必要に応じて複数人で対応する場合もあります。

2.5 研修費用

  • 研修受講費は無料
  • ただし受講者に係る研修場所への往復交通費及び研修期間中の滞在費(宿泊費)は、ご負担ください。

2.6 研修内容

富良野市では、昭和40年代から人口が減少しており、特に中心市街地活性化の人口減少が深刻な状況でした。対策として取り組んだ駅前再開発が人口減少に歯止めをかけることができず、集客基盤となっていた「富良野協会病院」がJR富良野駅東側に移転したことにより、商店街の衰退が進行していました。

こうした中、危機感を感じたまちづくり会社や商工会議所が中心市街地活性化協議会を設立し、策定した中心市街地の将来ビジョンが、田園(ルーラル)と都会の魅力(アーバン)の魅力を併せ持つ田園都市を自分たちの力で育んでいこうとする「ルーバン・フラノ構想」です。

「ルーバン・フラノ構想」の主要事業のひとつとして位置づけられた「フラノマルシェ」の開設を通じて、中心市街地が食の拠点として求心力を取り戻し、観光だけでなく、市民の滞留の場としての機能整備も進められています。

実地研修では、中心市街地活性化の戦略策定やフラノマルシェの設立に初期段階から関わり、ふらのまちづくり(株)代表取締役を務める西本伸顕氏をはじめとして、まちづくりに関わる様々なキーパーソン、キープレイヤーからお話をお伺いする機会をご提供し、皆様の地域における取組を改めて考える機会をご提供いたします。

  • 中心市街地を変えた地域戦略と事業創造の着眼点
  • コアメンバーを中心に取組の参画者・賛同者を広げる仕掛け
  • 共同作業と参加者・地元関係者間の意見交換による気づきの獲得

学びのポイント満載です。特に、地域の活性化や稼ぐ力の強化に資する中心市街地におけるまちづくりのあり方、中核的な事業を成功に導くための着眼点や事業スキーム、持続的な体制づくり等に関心がある方のご応募をお待ちしております。

フラノマルシェ
富良野市観光客入込み数 ふらのマルシェ

プログラム(予定)の概要

日程時間内容担当者
1日目
10/9(水)
16:00-16:30 ふらのまちづくり(株)集合
イントロダクション
自己紹介
事務局
参加者各自
西本社長 岩本執行役員
16:30-18:00 中心市街地視察 富良野市 黒崎課長
19:00- フラノマルシェ慰労会に出席し食事兼懇親会 ① フラノマルシェ関係者
2日目
10/10(木)
9:30-11:30 まちづくりの沿革と戦略
 ・まちづくりの沿革
 ・中心市街地活性化に向けた戦略策定
 ・先導事業としてのフラノマルシェ
 ・取組の効果
 ・Q&A

西本社長
(随行 岩本執行役員)
11:30-13:30 昼食&視察 西本社長
岩本執行役員
13:30-17:30 活性化に資する中核事業の作り方
 ・フラノマルシェⅠ&Ⅱ
 ・コンシェルジュフラノ
 ・Q&A
行政との連携の在り方
まちづくり会社の体制づくり
 ・まちづくり会社の組織とマネジメント
 ・次代の担い手づくり
 ・Q&A
大玉富良野商工会議所専務理事



吉田執行役員
湯浅専務取締役
19:00- 中活活性化会議メンバーとの夕食兼懇親会 ② 西本社長以下8名参加
3日目
10/11(金)
9:30-11:30 ワークショップ的取りまとめ
 ・富良野で学んだこと
 ・富良野への提言
 ・自分達のまちでの応用
 ・Q&A
岩本執行役員 他
11:30-12:00 修了式
アンケート記入
事務局
12:00 解 散 富良野市内

※参考:旭川空港~富良野駅前のバス便(ラベンダー号)
 12:55発~13:57着
 14:20発~15:22着
 16:10発~17:12着

3.応募・受講に当たっての条件

3.1 募集対象者

  • まちづくり会社、商工会議所等に所属し、今後のまちづくり分野でリーダーシップを発揮することが期待されている人材、タウンマネージャーとして将来的なステップアップを目指している中堅・若手の人材

3.2 研修への参加

  • 全ての研修プログラム(現地個別研修、事後集合研修)への参加をお願いします。
  • 現地個別研修において、夜間・土日の会議等が開催される場合も、原則ご出席願います。研修期間中の身分、労働時間等の取扱いは、受講者と派遣元機関との調整等により解決していただくものといたします。

3.3 守秘義務等

  • 本研修にご参加いただく場合、受入機関と派遣元機関(個人でお申し込みの場合は受講者)との間で、下記の内容の守秘義務・賠償等に関する覚書を結んでいただきます。
    • 受講者が期間中に知り得た情報の取扱いについては、受入機関担当者の指示に従っていただきます。また、受講者及び派遣元機関は守秘義務を遵守するものといたします。
    • 事故等により受講者が負った傷害、受入機関や第三者に与えた損害等に対する補償等については、派遣元機関(個人でお申し込みの場合は受講者)が補償するものといたします。
  • 損害補償に関連して、街元気事務局で保険会社をご紹介いたします。

現地実地研修の枠組み(まちづくり会社等に所属している方の場合)

派遣研修の枠組み

3.4 研修中の活動・成果の公開

  • 研修中に写真を撮影することがあります。また、研修終了後に研修に関する報告書を作成していただきます。
  • 撮影した写真及び報告書は、街元気サイトにおける公開を含め、経済産業省が活用・公表することがあります。

4.応募方法

  • 別紙応募書類(各地域の研修概要ページからダウンロード)に記入の上、本要項最終ページに記載の街元気事務局あてに、EメールまたはFAXでお送りください。

5.応募期間

  • 令和元年10月7日(月)必着

6.受講者選考方法

  • 本研修の受講者は、原則先着順で決定いたしますが、応募書類の記載内容に基づき、受入機関の意向を踏まえながら、経済産業省及び街元気事務局により決定いたします。

7.選考結果の連絡

  • 令和元年10月7日(月)までに、順次街元気事務局(野村総合研究所)から派遣元機関(所属まちづくり会社、商工会議所等)等に対して連絡いたします。
  • 詳細等については、参加決定後に、個別に調整を行います。

8.書類提出先およびお問い合わせ先(街元気事務局)

株式会社 野村総合研究所 社会システムコンサルティング部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ
担当:坂口、岡野、名取
FAX番号 03-3273-6529
e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

個人情報の取扱いについて
  • 本研修へのご応募に当たり、応募書類にご記入いただく情報は、「個人情報」に該当いたします。個人情報保護のため、事務局として弊社㈱野村総合研究所が、下記の方針のもと、必要なセキュリティ対策を講じて、適切に取り扱わせていただきます。
  • この個人情報の取扱いにご同意の上で、申し込みをお願い申し上げます。
  1. 個人情報の取扱いは、弊社の「個人情報保護方針」「個人情報の取扱いについて」に従って対応いたします。
  2. 応募書類にご記入いただく個人情報は下記の目的に利用いたします。
    (1)お申し込みいただいた研修に係る応募者の審査
    (2)お申し込みいただいた研修プログラムの運営・管理
    (3)当該研修プログラムに関するご連絡
  3. ご回答いただいた個人情報は、個人情報保護に関する契約を締結した事業者に、個人情報を取り扱う業務を委託することがあります。
  4. ご回答いただいた個人情報は事業委託者である経済産業省に提供し、提供後の個人情報は経済産業省の管理範囲となります。経済産業省では、人材育成事業の改善と円滑な運営のために利用いたします。そのため、経済産業省からご連絡させていただくことがあります。
  5. ご回答いただいた個人情報は、当社管理分においては、2.に記載した利用目的終了後、当社が責任を持って廃棄いたします。

【個人情報の取扱いに関する弊社の指針】
  • 個人情報の取扱いに関する弊社方針については下記のサイトをご参照ください。
【個人情報の取扱いに関するお問い合わせ】
  • 個人情報の取扱いに関する開示、訂正、利用停止等のお申し出は、上記の街元気事務局までお願いいたします。

関連記事

街元気事例集「新たな雇用と投資の喚起をめざして」1-3
平成28年度 第2回座学研修(大阪開催)募集要項
H28年度まちげんきフェス
第6回まちづくりオープン会議(タウンマネジメントサミットinふらの2013にて開催)のお知らせ

関連リンク

富良野市中心市街地活性化基本計画
ふらのまちづくり株式会社


登録日 2019年8月28日(水曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト