研修・セミナー

平成27年度「まちプロデュース活動支援事業(中心市街地活性化普及促進事業)」
座学研修募集要項


平成27年7月
株式会社 野村総合研究所

1.はじめに

 座学研修は、「まちづくりに必要な知識を学べる機会を充実して欲しい」、「まちづくり関係者とのネットワークを広げたい」という全国からの要望を受け、まちづくりの第一線で活躍中の講師による全9コマの講義(無料)です。
 まちの現状分析・課題の発見、事業戦略・事業計画の立案、ハード・ソフト事業の実行支援、まちづくり会社の財務会計等、まちづくりに関する様々なノウハウを広く体系的に学ぶことができます。
 まちづくりに関する学習、全国のまちづくり関係者との交流の機会として、ご活用ください。

2.研修概要

2.1 研修の対象者と募集者数

  • 主に、まちづくり業務に関わられている方、これからまちづくり業務を行ってみたいとお考えの方
  • 募集者数: 100名

2.2 研修時期

  • 平成27年9月14日(月)~15日(火)

2.3 受講料等

  • 無料
  • ただし研修場所への往復交通費及び研修期間中の滞在費(宿泊費等)、交流会会費(1人5,000円程度)は、各自でご負担ください。

2.4 研修開催場所

  • 当初予定しておりました定員を大幅に超える応募がございましたため、会場を変更 させて頂きました。新しい会場は以下となります。
  • ------------------------------------
  • (会場)TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原 2階ホール2A
  • (住所)〒101-0021東京都千代田区外神田1-7-5
  • (電話)03-4577-9270、03-5289-7099(事務所直通)
  • (アクセス)
  • ●JR山手線 秋葉原駅 電気街口 徒歩4分
  • ●JR京浜東北線 秋葉原駅 電気街口 徒歩4分
  • ●JR総武線 秋葉原駅 電気街口 徒歩4分
  • ●つくばエクスプレス 秋葉原駅 徒歩6分
  • ●東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 3出口 徒歩7分
  • ●東京メトロ銀座線 末広町(東京都)駅 3出口 徒歩6分
  • ●東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口 徒歩7分
  • (地図)http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-akihabara/access/
  • ------------------------------------
  • なお、会場周辺に駐車場はほとんどございませんので、公共交通機関にてお越しくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2.5 プログラム

9月14日(月)

日時内容
13:00-13:05 あいさつ
 経済産業省
13:05-14:00 講義「これからのタウンマネジメント」
 流通科学大学 特任教授 石原 武政 氏
14:05-15:00 講義「多様な主体を巻き込むまちづくり」
 株式会社油津応援団 代表取締役社長
 有限会社一平 代表取締役社長  村岡 浩司 氏
15:00-15:10 休憩
15:10-16:10 講義「稼げる第三セクター‐まちづくり会社の財務諸表入門‐」
 長浜まちづくり株式会社 コーディネーター 吉井 茂人 氏
16:10-17:10 講義「テナントリーシングと創業支援」
 有限会社協働研究所 取締役 東 朋治 氏
17:15-18:00 ライトニングトーク
 ※まちづくりを構成する各分野の専門家によるショートプレゼンです。
18:00-18:10 翌日のスケジュールについて
 街元気事務局
18:30-19:30 交流会(会費制)会場:研修会場ビル3階ホール
 ※講師も参加し、参加者同士の様々な情報交換の場とします。

 

9月15日(火)

日時内容
09:05-10:00 講義「中心市街地活性化とタウンマネージャーの役割」
 株式会社みらいもりや21 マネージャー 石上 僚 氏
10:05-11:00 講義「まちづくりのための事業戦略・事業計画論」
 高松丸亀町商店街振興組合 理事長 古川 康造 氏
11:05-12:00 講義「空き店舗対策~商店街独自事業の展開~」
 岩村田本町商店街振興組合 理事長 阿部 眞一 氏
12:00-13:00 昼食
13:00-13:55 講義「地域ブランド開発」
 有限会社日智 代表取締役 佐藤 皓祠 氏
14:00-14:55 講義「行政計画の体系と予算策定プロセス」
 株式会社ローカルファースト研究所 代表取締役 関 幸子 氏
15:00-15:20 クロージング
 街元気事務局

※プログラムの時間割と内容は変更の可能性があります。

2.6 研修内容と講師

■「これからのタウンマネジメント」

  • まちづくりの第一人者、流通科学大学の石原特別教授から、タウンマネジメントの歴史的背景と課題、これからのタウンマネージャーに期待される役割について学びます。
  • <講師略歴>石原 武政 流通科学大学 特別教授
  • 大阪市立大学 名誉教授。商学博士「地域小売業」「流通政策」「マーケティング」をキーワードとし、地域経済の活性化やまちづくりの分野を精力的に研究。商業理論と現場の橋渡しに注力している。著書は、『商業・まちづくり口辞苑』(2012 年)『タウンマネージャー』(編著2013 年)等

■「多様な主体を巻き込むまちづくり」

  • 訴求力のあるまちづくりを実現するためには、計画段階からできるだけ多様な立場の関係者を巻き込むことが有効です。有名な「Doまんなかモール」を始めとして宮崎市における様々なまちづくりの取組を仕掛けてきた講師から、関係者をまちづくりに巻き込むための考え方と方法を学びます。
  • <講師略歴>村岡 浩司 株式会社油津応援団 代表取締役社長
  • 有限会社一平 代表取締役社長
  • 高校卒業後、米国(コロラド州)に留学。帰国後、小売卸業会社を起業。「一平寿し」二代目店主。タリーズコーヒー6店舗、Cafe&BarCORNER、蕎麦屋「そばとき」などの飲食店舗を経営する一方で、起業家支援アドバイザーや中心市街地活性化協議会委員、NPO法人の理事などを歴任。「Doまんなかモール委員会」の設立メンバー。 「街市」実行委員長。「新しい食文化を創造し、地域とひとを元気にする!」という理念のもと、本業の充実を図りながらまちづくり活動に精力的に取り組んでいる。

■「稼げる第三セクター ‐まちづくり会社の財務諸表入門‐」

  • 第三セクターといえども株式会社。タウンマネージャーがその財務状況を把握し、利益と配当にもこだわることが重要です。そのための必須の知識として、まちづくり会社の財務諸表(損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書)の考え方について学びます。
  • <講師略歴>吉井 茂人 長浜まちづくり株式会社 コーディネーター
  • 昭和48年、商工会議所入社後、中心市街地商店街の仕事に従事。平成20年、長浜まちづくり(株)設立後、コーディネーターとして同社に出向し、衰退したまちを既存資源のコンバージョンと土地の所有と利用の分離を使い、80件余りの空き家・空き店舗の解消 に成功。小規模な範囲を少しずつ変えていく「身の丈」に合ったまちづくりを推進。

■「テナントリーシングと創業支援」

  • まちづくり事業の具体化にあたっては、地域に即した「テナントリーシング」や「創業支援」を通じて、開業を促進する必要があります。神戸市新長田地区を起点として、震災復興地域等、全国各地の取組をプロデュースしてきた講師から、実効性のある取組手法を学びます。
  • <講師略歴>東 朋治 有限会社協働研究所 取締役
  • 大学卒業後、鉄鋼会社勤務を経て阪神大震災後の新長田まちづくり(株)に入社。(株)神戸ながたTMO総括マネージャー、神戸・新長田中心市街地活性化協議会事務局長を兼務後、平成22年より、現会社で商店街(タウン)マネージャーの養成や創業支援をはじめ全国の中心市街地活性化サポートに従事。

■「中心市街地活性化とタウンマネージャーの役割」

  • 様々な職業経験を経て、現在、タウンマネージャーとして活躍する講師から、まちづくりの魅力・やりがい、現場でタウンマネージャーが直面する課題、その解決に向けてタウンマネージャーが果たすべき役割や創意工夫について学びます。
  • <講師略歴>石上 僚 株式会社みらいもりやま21 マネージャー
  • 民間会社での営業経験を経た後、平成21年、公募によって(株)みらいもりやま21に企画員として入社。他市のさまざまな成功事業モデルを若者の観点でアレンジし、それを積極的に実行し成果をあげている。

■「まちづくりのための事業戦略・事業計画論」

  • まちづくりを具体化するためには、資金計画や権利調整を含め、実践的な事業戦略や事業計画が必要です。土地の所有と利用の分離、定期借地権等の独創的なスキームを活用し、「高松丸亀町モデル」を具体化した講師から、これからのまちづくりのための事業戦略・事業計画の立て方について学びます。
  • <講師略歴>古川 康造 高松丸亀町商店街振興組合 理事長
  • 大学卒業後、高松青年会議所理事長などを経て、中心市街地の再生に精力的に取り組む。平成19年、都市計画に独創的な業績を挙げた個人、団体に贈られる石川賞を受賞。高松丸亀町不動産(株)代表取締役専務、内閣府「中心市街地活性化推進委員会」委員等、公職多数。

■「空き店舗対策~商店街独自事業の展開~」

  • 空き店舗対策は、需要と供給のマッチングが難しく、多くのまちで悩みの種となっています。人づくりや大型店との連携等、商店街独自の取組を通じて成果を上げてきた講師から、空き店舗対策の考え方と実践方法について学びます。
  • <講師略歴>阿部 眞一 岩村田本町商店街振興組合 理事長
  • 平成14年、商店街振興組合理事長就任後、地産地消・手作りの総菜販売施設「おかず市場」、チャレンジショップ「本町手仕事村」、商店街直営塾「岩村田寺子屋塾」などを商店街独自で開設。42店舗中15店舗の空き店舗の解消に成功し、全国から注目を浴びる。平成22年度「にっけい子育て支援大賞(日経新聞社)」、平成23年度「あしたの町、くらしづくり活動賞・内閣総理大臣賞(あしたの日本を創る協会他)」受賞。

■「地域ブランド開発」

  • まちに人を惹きつけるためには地域のイメージアップが不可欠です。どのように訴求点を明確にし、どのようなプロモーションを行っていくか、各地でブランド開発に取り組んできた講師から、まちの「ブランド開発」の方法について、先進事例を通じて学びます。
  • <講師略歴>佐藤 皓祠 有限会社日智 代表取締役
  • 大学卒業後(株)そごう百貨店に入社、顧客管理や系列化施策、マーケティングや外販営業企画,商品開発に取り組む。㈱そごう退社後、日智(ニッチ)を設立。平成19年9月、北九州商工会議所「食のブランド認定事業」の専門委員会に参加。平成25年4月より、内閣府内閣官房地域活性化伝道師。

■「行政計画の体系と予算策定プロセス」

  • まちづくりにあたっては、自治体との連携が重要です。行政の計画、予算を知悉している講師から、知っていると役に立つ「市町村総合計画」「都市マスタープラン」「中心市街地活性化計画」等の行政計画の体系と予算策定プロセスについて学びます。
  • <講師略歴>関 幸子 株式会社ローカルファースト研究所 代表取締役
  • 大学卒業後、三鷹市役所に入庁、日本で最初の公設公営インキュべーション施設「三鷹産業プラザ」の開設に携わる。平成22年から、現会社を設立し、人口減少し過疎化する全国の地域の活性化と地域産業の振興に取り組む。経済産業省、総務省、内閣府が主宰する委員会の委員を多数歴任。

3.応募に当たっての条件

  • 「座学研修応募書類」に必要事項をご記入の上、下記街元気事務局あてに、EメールまたはFAXにてお送りください。送信後、3日以内に受信確認の返信がない場合は、お手数ですがご連絡をお願いいたします。
  • 応募書類は、平成27年8月31日(月)17:00までにお送りください。
  • 定員は100名です。定員に達し次第、締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込み下さい。

4.受講のご連絡

  • 9月2日(水)までに、街元気事務局(野村総合研究所)からご連絡いたします。
  • なお、災害発生等により、研修の開催が困難と判断される際は、開催中止の旨を事前にご連絡させていただきます。

5.受講時の写真の取り扱い

  • 研修受講時に報告及び広報用のために全体写真等を撮影させていただきます。一部街元気サイトで公開することもありますのでご了承ください。

6.書類提出先およびお問い合わせ先(街元気事務局)

街元気事務局
株式会社 野村総合研究所 公共経営コンサルティング部
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5丸の内北口ビル
担当:名取、坂口、石井
FAX番号:03-5533-2724
e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

個人情報の取扱いについて
  • 本研修へのご応募に当たり、応募書類にご記入いただく情報は、「個人情報」に該当いたします。個人情報保護のため、事務局として弊社㈱野村総合研究所が、下記の方針のもと、必要なセキュリティ対策を講じて、適切に取り扱わせていただきます
  • この個人情報の取扱いにご同意の上で、申し込みをお願い申し上げます。
  1. 個人情報の取扱いは、弊社の「個人情報保護方針」「個人情報の取扱いについて」に従って対応いたします。
  2. 応募書類にご記入いただく個人情報は下記の目的に利用いたします。
    (1)お申し込みいただいた研修に係る応募者の審査
    (2)お申し込みいただいた研修プログラムの運営・管理
    (3)当該研修プログラムに関するご連絡
  3. ご回答いただいた個人情報は、個人情報保護に関する契約を締結した事業者に、個人情報を取り扱う業務を委託することがあります。
  4. ご回答いただいた個人情報は事業委託者である経済産業省に提供し、提供後の個人情報は経済産業省の管理範囲となります。経済産業省では、人材育成事業の改善と円滑な運営のために利用いたします。そのため、経済産業省からご連絡させていただくことがあります。
  5. ご回答いただいた個人情報は、当社管理分においては、2.に記載した利用目的終了後、当社が責任を持って廃棄いたします。

【個人情報の取扱いに関する弊社の指針】
  • 個人情報の取扱いに関する弊社方針については下記のサイトをご参照ください。
【個人情報の取扱いに関するお問い合わせ】
  • 個人情報の取扱いに関する開示、訂正、利用停止等のお申し出は、上記の街元気事務局までお願いいたします。
登録日 2015年7月31日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト