コラム・事例紹介

「ものづくり」が生む地域の絆 -FabLab Kamakura-(前編)
  渡辺 ゆうかさん

渡辺 ゆうか

渡辺 ゆうか(わたなべ・ゆうか)
一般社団法人 国際STEM 学習協会/FabLabKamakura 代表
多摩美術大学環境デザイン学科卒業後、都市計画、デザイン事務所を経て、2010年ファブラボジャパンに参加。2011年5月東アジア初のファブラボのひとつである、ファブラボ鎌倉を田中浩也と共同設立し、2012年にFabLabKamakuraを立ち上げ代表を務める。地域と世界を結び、デジタル工作機械の普及により実現する21世紀型の創造的学習環境構築に向けて、世代や領域を横断した活動を展開している。

 「ファブラボ(FabLab)」とは、3Dプリンタやレーザーカッターなど、デジタル制御された多様な工作機械を取り揃え、個人や地域レベルの課題を、ものづくりを通じて住民自身が解決できるようになるために設けられた次世代型の「市民工房」です。
 2002 年に米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のNeil Gershenfeld教授が提唱し、インドのプーネと、ボストンのスラム街における実験的な取組をきっかけにして、世界的に広がりました。ファブラボは、現在、80 カ国1,000 箇所以上に存在し、日本にも2018年2月時点で19箇所が存在しています。
 ファブラボの「ファブ(Fab)」には、「Fabrication(ものづくり)」と「Fabulous(素晴らしい)」という2つの意味が込められています。
 ファブラボの取組は、単にものづくりに限られておらず、ものづくりをきっかけにした地域づくりまで視野においた取組です。たとえば、今回、取材させていただいたファブラボ鎌倉では、今年の2月から鎌倉に拠点を置くIT企業面白法人カヤックと連携し「FAB TOWN KAMAKURA」という取組を始めています。
 ファブラボ鎌倉の取組とまちづくりの関わりについて、渡辺ゆうか代表にお伺いしました。

FabLab 国内分布図

出所)FabLabKamakura

はじめに、ファブラボ鎌倉(FabLab Kamakura)の概要について、お聞かせいただけますか。

 まずファブラボ(FabLab)とは、どういうものか簡単にご紹介しましょう。ファブラボ(FabLab)の原点となったのは、MIT Media LabのNeil Gershenfeld教授による「(ほぼ)あらゆる物をつくる方法」に関する研究と、アウトリーチ活動です。
 20世紀は大量生産、大量消費の時代で、モノづくりというのは分業で行うものでした。しかし、デジタル工作機械の登場によって、企画から製造、そしてモノの使い手までが一緒になり始めて、新しい広がりを見せています。こうしたトレンドを踏まえて、2002年にインドのプーネとボストンのスラム街に実験的な市民工房(ファブラボ)を設けたところ、住民が訪れるようになり、いろいろな課題を自分で解決するようになったといわれています。この取組をきっかけにして、ファブラボの取組が、世界中に広がり、日本でも、ファブラボ設立に向けて2010年にファブラボジャパンという有志の団体が設立されました。
 私がファブラボのことを知り、ファブラボ鎌倉を立ち上げた慶應義塾大学の田中浩也先生と出会ったのもその頃です。2010年に『世界を変えるデザイン展』という展示会が開催されたのですが、そこで世界のファブラボで起きている話を聞いて、ファブラボというネットワークが次の時代のインフラになるのではないかと思いました。
 私はもともと、都市計画や環境デザインに従事していたということもあって、社会問題の解決に役だつ手段としてのファブラボに、興味を持ちました。ファブラボが提供する工房で、「なんでも作れる」ということよりは、「モノづくりのスタイルが変わったり、クリエイターの新しい働き方が可能になるかもしれない」と大きな可能性を感じたんです。そのことを田中先生に提案し、ファブラボ鎌倉の立ち上げに関わることになりました。

 ファブラボ鎌倉が具体的にどういう施設なのか、簡単に言ってしまうと、市民が利用することができる3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル工作機械を備えた、次世代型の実験工房です。
 ファブラボ鎌倉は、秋田から移築した128年前の酒蔵「結の蔵」の中にあります。道路に面した区画に工作機器を備えた工房があり、2階にはコワーキングスペースが設けられています。コワーキングスペースは24時間利用可能で、利用できるのはプロフェッショナルメンバーや、テクニカルアドバイザーと呼ばれる人たちです。ここを管理している山本さんは、メーカーをリタイアされた方で、利用者の相談にも載っていただいています。
 工房に設置されている工作機械は、レーザーカッター、3Dプリンタ、3Dモデリングマシン、デジタル刺繍ミシン、ペーパーカッター、はんだステーションです。各機材の講習修了者及びプログラム受講者が、施設利用規約了承後に利用することができます。
 ただ、ファブラボは、単に3Dプリンタやレーザーカッターがあって、自由に使えるだけの場所ではありません。
 ここでは、「こんなものがあるといいな」「自分で作ってみようかな」と思った人が、ほかのメンバーと意見交換をしながら設計を行い、機械の操作を教わりながら自分で作り、そのデータをインターネットで公開しさらに世界中の人とアイデアを共有していくことが可能な場所です。ものづくりを通じた人と人との絆を育て、コミュニティの創造に寄与する機能を備えていることが重要なポイントです。

 組織的には、ファブラボ鎌倉は合同会社(LLC)という形態で立ち上げ、2017年からは、ファブラボ鎌倉で培ったプログラムをより広く社会へ展開していくために一般社団法人 国際STEM学習協会(GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN )という組織に変更し次世代の学習に特化した組織で運営をしています。
 施設の設立当初こそ、内閣府の補助事業を活用していますが、その後は行政に依存するのではなく、自立した組織として運営しています。ファブラボも財務的に自立していないと継続していくのは困難です。特に、政府のプログラムだけに依存している施設は、プログラムの終了とともに行き詰ってしまいます。

1階の工房 2階のコワーキングスペース

FabLab Kamakura提供FabLab Kamakura提供

FABLAB機材を用いて作成されたFAB WALKER

FABLAB機材を用いて作成されたFAB WALKER

出所)FabLab Kamakura

1 2

関連リンク

ファブラボ鎌倉
「ものづくり」が生む地域の絆 -FabLab Kamakura-(後編)

登録日 2018年3月30日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト