コラム・事例紹介

古くて新しいまちの再生 -昭和の商店街(市場街)の土地建物をすべて買い取り一体経営-(前編)田村寛さん、高岡はつえさん

買い取った商店街は、雰囲気を壊さずに「古くて新しいまち」として整備したとお伺いしています。沼垂テラス商店街の概要と特徴について教えていただけますか。

商店街の構成

商店街の構成

高岡/
 沼垂テラス商店街は200m程の長さがあり、もともと野菜や果物の仲卸を行っていた古い市場の建物をそのまま活かしている商店街です。
 入居しているのは、30代の若い起業家が中心です。私は短大を卒業したあと、会社勤めをしていました。弟から事業を手伝ってほしいと相談をうけ、生まれ育ったまちの再生である、「ACTIVE再生プロジェクト」に共感・同意したものの、長屋式店舗を買うために銀行からお金を借りて本当に返済できるのかと不安は否めませんでした。でも、しばらくすると、30代を中心に若い店主の出店希望が相次ぎ、最初の心配は、希望に変わりました。賃料の設定をおさえたことで、若い起業家にとって、出店するための家賃負担が少なかったこともありますが、なにか新しいことをみんなと一緒にできるという安心した雰囲気があったのだと思います。
 2015年4月には、花屋、パン屋、ガラス⼯房、カフェ、居酒屋、北欧雑貨店、⼿作りアクセサリーの店、古本屋など、約25店舗で構成される「沼垂テラス商店街」をオープンすることができました。さらに、その後、商店街の周辺にゲストハウスなど「サテライト」となる店舗も3箇所開設しました。商店街とサテライトをあわせると、現在は28店舗から構成されています。
 商店街の立ち上げにあたっては、めざすべき方向を検討し、シミュレーションも繰り返し行いました。商店街の特徴は、沼垂の歴史・文化・景観を活かして、ここでしか出会えないモノ・ヒト・空間という、「オンリーワン」の場を提供することです。再生プロジェクトのコンセプトも「古くて、新しい沼垂」です。
 沼垂テラス商店街は、新潟駅からあまり遠くないものの、それほどよいロケーションとはいえません。それだけに、他の場所とは違う、ここにしかないものを提供することで、大型スーパーとは差別化することができていると思います。


田村/
 私が商店街の再生にあたってこだわったのは、できるだけもともとの長屋のまちの雰囲気を壊さないということです。
 私達はここで生まれ育ったこともあり、この雰囲気に愛着をもっていました。そして最初にこの一画で始めたRuruck Kitchenに大勢の人が来てくれ、一緒に出店する仲間もいたことで、この街の雰囲気に価値があることを確信したのです。それが「旧沼垂市場の長屋を使った古くて新しい商店街」を誕生させるきっかけとなりました。
 とはいえ、特にデザインコードのようなものを定めず、提供しているスペースの店舗としての利用方法は、基本的には出店者それぞれにお任せするかたちですが、最終的なイメージは見せていただき、商店街の雰囲気を壊すことがないように注意しています。
 まだ途上の段階とはいえ、ここまでうまくやってこられたのは、こうした明確なコンセプトを設定したことにより、それに賛同して一緒にやってくれる仲間に恵まれたからだと思います。どんな組織もそうですが、最後は人で決まると思っています。それだけに、出店者を選ぶときには、店主の人柄を重視してきました。古い長屋の建物の雰囲気と、そこに立地する個性的なひとつひとつのお店がこの地区の魅力を作り出しているのだと思います。

リノベーションされた長屋群と工場の煙突

リノベーションされた長屋群と工場の煙突



改装によって生まれ変わった長屋-テラスオフィス-


改装中改装後

立ち上げにあたっては、行政の支援もあったのでしょうか。

景観に配慮した公衆トイレ

景観に配慮した公衆トイレ

田村/
 市役所には、惣菜店を出店して3年経ったころから、イベントを開催するために、車の通行止めの陳情を行うために行くようになってから、だんだんと話をするようになりました。
 当初は特に、補助金を出してもらったということはありませんが、市には道路の整備や、商店街の中央にある公衆トイレの整備など、インフラを整備していただいています。公衆トイレは、周辺の建物にデザインもあわせていただきました。
 行政の取組は、事業化するまで時間がかかるため、歯がゆい思いをすることもありましたが、最終的にはよいものを作ってくれると感じています。
 また、商工会議所からも「初めて起業する人がいたら支援するから紹介してほしい」といっていただいています。私たちも商工会議所で経営計画などがもまれることで、その人の本気度がわかりますし、本当にやる気のある人は、小さな補助金を勝ち取ってきたりします。

1 2

関連リンク

沼垂テラス商店街
古くて新しいまちの再生 -昭和の商店街(市場街)の土地建物をすべて買い取り一体経営-(後編)


登録日 2018年3月30日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト