街元気について

インターネットをリアルなまちづくりに活かそう

東 朋治 インターネットをリアルなまちづくりに活かそう

2001年に発足した神戸ながたティ・エム・オーでは総括マネージャーに就任、現在は全国を飛び回るなか、タウンマネージャー候補生の育成にもあたっている東朋治さん。様々なまちづくりのあり方を熟知する東さんが、街元気サイトのコンテンツをどのようにリアルなまちづくりに活かしているのかをご紹介します。

「まちづくりの手引き」で基礎知識を共有しよう

全国各地の最新のまちづくり情報も反映されている、現地研修の募集案内のページ
全国各地の最新のまちづくり情報も反映
されている、現地研修の募集案内のページ


「まちづくりの手引き(学習教材)」のページ
「まちづくりの手引き(学習教材)」のページ

「街元気サイト」がカバーする対象は極めて広い。街元気リーダーや専門家のみならず、学生、新しく異動された行政担当者、会議所等団体職員、まちづくり会社役員社員。まちづくりに関心があり、これから何かしら地域活性化に関わってみたいサラリーマンやOB諸氏、主婦……。

現地研修の募集案内に示される、全国各地で取り組まれている現在進行形のまちづくり情報をはじめ、既に行われた研修内容をまとめたレポートまちづくりコラム各種施策情報など、鮮度の高い情報や読み物が人気コンテンツだろう。

一方で、不変的なテーマを扱った「まちづくりの手引き(学習教材)」も見逃せないコンテンツである。

前回のコラムでも申し上げたが、私は業務の一環で未来のタウンマネージャー候補生をお預かりし、座学研修を実施することがある。候補生たちの年齢、経歴、まちづくりの知識の有無、性別(2つしかありませんが)は多種多様だ。

私が長年活動していた神戸・新長田地区の事例だけでは情報が偏り、不足する。その際、「まちづくりの手引き」を活用させていただいている。研修の場に参加するメンバーの間で、少なくとも知っておきたい知識を共有し、基礎ベースを合わせることが大切だからだ。

 

リアルとバーチャルの間に橋を架ける

1 2 3

関連記事

まちづくりの手引き(学習教材) まちづくりに向けた、意見・アイデアの引き出し方
まちづくりの手引き(学習教材) まちづくりに向けた、意見・アイデアの引き出し方(補足テキスト)
まち歩きMAPのひきだし 第一回「鉄板こなもんMAP」
まちづくりコラム 「街元気のリーダーは、地域の黒子に徹さなければならない」(東朋治)

関連リンク

東朋治さんのブログ「東朋治の今夜もまちづくり」

東 朋治

東 朋治

(有)協働研究所 取締役
昭和49年生まれ。大学卒業後、鉄鋼会社勤務を経て「新長田まちづくり㈱」に入社し、地域活性化等を担当。「㈱神戸ながたTMO」総括マネージャー、「神戸・新長田中心市街地活性化協議会事務局長」を兼務。平成22年6月、㈲協働研究所に転籍。中心市街地および商店街活性化、まちづくり等を担当。㈱全国商店街支援センター「東日本大震災商業復興支援統括マネージャー」として岩手県宮古市の中心市街地商店街復興に従事。
登録日 2011年8月05日(金曜)12:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト