コラム・事例紹介

【タウン誌事例集】「hoccol」(北海道旭川市)後編 〜まちとの距離を近づける、タウン誌づくりのコツ〜

三人寄れば文殊の知恵、ほっこるが「誇る」編集チーム

そもそも「hoccol」が生まれた経緯は何だったのだろうか?

「組合で続けてきた冬のイベントが、経費の割に商売に結びつかなかったんです。『だったらイベントの代わりに、その予算で情報誌を発行できないだろうか』という提案が、組合員さんからあって」と川村さん。

その提案が決定したのは2008年秋のこと。そこから「hoccol」が発行されるまでは3ヶ月弱との早さ。というのも、制作の取りまとめを地元の広告代理店に依頼したからだ。

広告代理店から紹介されたのが、現在「hoccol」を制作するメンバー、地元で活躍するコピーライターの西川佳乃さんとデザイナーの阿部路子さんだった。組合事務局の川村さんの前職がカメラマンであったことから、撮影兼進行管理は川村さんが担当。女性3名で構成される編集チームが発足した。

制作のスケジュールは、西川さんが最初に構成案の小さなラフをつくって、3人で企画会議。阿部さんが原寸ラフを作成し、それを手に3人で取材。西川さんからテキスト、川村さんから写真が上がってきたら、阿部さん担当のイラストとデザイン作業に入る。そして校正、取材先確認、入稿、印刷、完成。そこまでで計1 ヶ月半、ハイペースで進行していく。これは3名がプロであり、且つチームワークのよさを発揮しているからできる技だ。

デザイナーの阿部さんは言う。
「取材はいつも3人で行くんです。食べるものはぜんぶ食べ、試着もたくさんする。そのときの空気感や楽しさを一緒に感じていないと、こういったイラストやデザインにならないので」

通常、取材にはデザイナーは同席しないことが多い。取材後に文章や写真などの素材を受け取り、ビジュアル面を仕上げていくのが主な役割だからだ。ただ「hoccol」のように内容とビジュアルが密接に絡んだ誌面をつくろうと思ったら、デザイナー同行でなければできない。

次項 商店街の内側にも広がるタウン誌効果
1 2 3 4
目次
  (1)素直に「経費節減号」!まちの応援を継続の力に
(2)三人寄れば文殊の知恵、ほっこるが「誇る」編集チーム
  (3)商店街の内側にも広がるタウン誌効果
  (4)データ

関連記事

街元気会員の取組紹介「第6回 道路利用のイベント促進に向けてHPに手続きマニュアル 」
街元気会員の取組紹介「第3回 旭川の『おいしい』『楽しい』を発信中! あさひかわ・まちなか交流館」

関連リンク

「hoccol」旭川平和通買物公園

登録日 2011年11月04日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト