研修・セミナー

第1回 まちづくりオープン会議 ~まちづくりにインターネットを活かす!(後編)~

第1回まちづくりオープン会議では、全国各地でまちづくり会社の経営効率の改善を目指して活動し、ご自身もtwitterを使って頻繁に情報発信を行っている木下斉さんをコーディネーターに迎え、日々、インターネットを活用した情報発信やソーシャルメディアを介した取り組みを進めている若手スタッフの方々に集まっていただき、まちづくりにおけるインターネットの活用の可能性や方法、問題点などについてディスカッションを行いました。

収録は、2011年11月25日にマチキチ(東京都品川区 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス事務所内)で行いました。当日は、登壇者の皆様が各地名産のジュースやお菓子を持ち寄ってくださり、和やかな雰囲気の中でたいへん活発な座談会となりました。

後編では、ネットワーキングとインターネットの活用について、またユーザーの方から寄せられた質問をもとに行われたディスカッションの模様をお届けします。

ネットワーキングとインターネットの活用(1)

情報を広めるだけでなく、どのようにプロジェクト全体としての価値を幅広い層に伝え、ブランドイメージをつくっていくことができるか

【概要紹介】
○幅広い層を巻き込んでいくための情報発信
・twitterは若い人が多い印象。能登留学にはtwitter経由での問い合わせが多い(田中)
・紫波町では独自のインフォメーションデザイン連絡会を準備している[地元新聞や自治体の広報誌担当者、また個人でブログを更新している方20名ほどでどのように情報をリマッピングしていくかを検討中](佐々木)
・どういうターゲットにアクセスしたいかを考えてメディアを選ぶことも重要(木下)
・twitterは短期的な訴求力が高い一方、facebookは持続性がある。両者で発信内容に棲み分けはある(猪熊)
・「留学生活」という企画では、twitterのハッシュタグを使った実験をした。イベント参加者の東京の友人などがtwitter上で参加してくれるなどの効果があった(猪熊)
   ※ハッシュタグ=twitterで、あらかじめテーマや話題を決めてコミュニケーションをとるために使う記号「#」ハッシュタグのこと

○地域のブランディングをどう進めるか
・情報の共有だけでなく、プロジェクト全体として意識の共有をどう進めるか(佐々木)
・オオドオリ大学のアカウントと自分自身のアカウントで発信する内容やニュアンスは違う(猪熊)
・ブランディングという面で、どうやって情報のクオリティを担保するか。情報を不特定多数の人に向けて発信する際には、無意識に「前向きな内容を」と考えてしまわないか(佐々木)
・ブランディングは、その分野について誰よりも知っている人でないとその核になれない。毎日必ずまちのことを発信していくというのは非常にいいプログラム(木下)

【関連リンク】
  留学生活(札幌オオドオリ大学 交換留学スペシャルサイト)

ネットワーキングとインターネットの活用(2)

公共性は高いのに認知度の低い事業等に関心を持ってもらうために、どのような情報発信が求められているか

【概要紹介】
○幅広い層に見てもらえるサイトにするには
・「能登」のブランド化は意識している。発信する人の個性が出すぎても駄目だし、まったく個性がなくても駄目(田中)
・facebookは「いいね!」ボタンによって共感が見えやすい(猪熊)
・狙った人以外にも見てもらえることが対外的な利用のポイント(木下)
・検索キーワードやアクセス数の変化などを見ながら発信する内容を考えている(佐々木)
・水のような公共性の高い財をいかに日常化してもらえるか、意識化していけるか(猪熊、木下)
・いかにこれまでとは違う切り口でアプローチすることができるか(木下)

ネットワーキングとインターネットの活用(3)

インターネットを通じたコミュニケーションについて

【概要紹介】
○ゆるやかなにつながることのできるインターネットの強みを活かす
・毎日同じブログを続けて見ている人は、最終的には更新している本人を知りたくなる(猪熊)
・画面や文字を通して心がつながるといい(猪熊)
・リアルでつながっているからこそ、インターネットでつながる価値がある(木下)
・Skype会議は最初はぎこちなくてもすぐに慣れる。AIAでは、地方都市とのプロジェクトではグループウェアで情報共有、隔週でSkype会議を行っている。まとまった話をしなければいけない時はつなぎっぱなしにしている(木下)
・東京で働いている人でも、出身地には関心がある。そうした方々をインターネットを使ってネットワークに巻き込んでいくべき

質疑応答(1)

サイトユーザーの方から寄せられた、インターネットを使った取り組みにまつわる悩みや疑問をめぐって

【概要紹介】
○インターネットに馴染みがなく、サイトはつくったが更新がままらなない。どうしたらいいか
・地元の大学生を巻き込んでは(猪熊)
・思い切った世代交代をして、商店街の運営を若い人に任せてみては(佐々木)
・サイトが動いていないのは商店街のシャッターが閉まっているのと同じ(田中)
・twitterやfacebookのように更新が容易なものに移行したほうがいいのではないか(木下)
・意欲のある人が気持ちよく取り組める環境をつくっていくことが大事(木下)
・世代や立場の違いを超えて問題を共有していける新しいスタイルをつくりたい(猪熊)

○使える人と使えない人がいた時にどうしたらいいか
・まずはできる人たちがやってみる。それに徐々に慣れていただく(木下)
・ゲーム感覚で面白がってやってもらえる環境がつくれるといいのではないか(木下)
・シブヤ大学やオンパクのように、他の地域でも応用可能な既存の仕組みを活かしては(木下)

【関連リンク】
NPO法人シブヤ大学
札幌オオドオリ大学
JAPAN ONPAKU ジャパン オンパク
うまみん 能登旨美オンパク

ディスカッションの総括

議論を振り返って

【概要紹介】
○まとめ
・常時接続、高速通信、低コスト化と、使いやすい環境ができてきた(木下)
・時間を細切れに使うことができる。組織運営に大きな変化を来している(木下)
・インターネットを使うことで、さまざまな人がオープンに、多様なかたちで関われる環境をつくることが重要(木下)

結びの挨拶

最後に、各登壇者とコーディネータからの挨拶をお届けします。

【概要紹介】
○登壇者4名からの挨拶
○コーディネーターからの挨拶


登録日 2011年12月26日(月曜)12:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト