≪教材補足テキスト≫官民一体で進める、エリア全体のテナント・マネジメント ~大分まちなか倶楽部の取り組みから~

大分県大分市の中心市街地エリアには、2007年に官民協同で設立されたまちづくり会社「大分まちなか倶楽部」があります。ここでタウンマネージャーをつとめる牧昭市さんは、官民一体となった体制で大分まちなか倶楽部に集まる情報と、タウンマネージャーの牧さんが日常的に集めた、きめ細やかなまちのデータで、新規開業を希望する事業者や、空き店舗の相談を受け、アドバイスを行っています。

中立的な立場で、まちの状況をデータで集約して把握し、それをもとに新規開業者への支援や、経営指導を行う、「官民一体で進める、エリア全体のテナント・マネジメントの仕組み」について大分まちなか倶楽部の牧さんに伺いました。
このたび、動画教材の補足テキストとしてPDFファイルを公開しました。ぜひ、動画と併せてご活用ください。

https://www.machigenki.go.jp/content/view/1572/339/

登録日 2012年3月29日(木曜)14:32

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト