まちをつくる仕事

まちをつくる仕事 タウン誌事例集 マップ事例集

まちをつくる仕事

地域や団体によってそのあり方は多種多様な「まちづくりの仕事」の具体像を、「人」に焦点をあてたインタビュー形式でご紹介します。どうしてまちづくりの仕事に携わることになったのか、どのような「まちへの働きかけ」や「まちとの関わり」が仕事として行われているのかなど、全国各地でまちづくりの現場に立つ方々の生の声をお届けしていきます。


【まちをつくる仕事】原田弘子さん(マネジメントオフィスHARADA代表/府中市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー)前編 登録日 2013年03月27日
【まちをつくる仕事】原田弘子さん(マネジメントオフィスHARADA代表/府中市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー)前編

営業職・中小企業診断士を経てタウンマネージャーに
ビジネスの世界とは違った、「儲からない」まちづくりの世界
「お金なし」で事業を実現する中で掴んだ、まちをつくる仕事の手応え
動き出したまちに必要になった、「まちづくり」の新しい仕組みとタウンマネージャーの役割
人や情報をコーディネートし、新たなつながりを生み出す「まちづくりの仕事」

【まちをつくる仕事】原田弘子さん(マネジメントオフィスHARADA代表/府中市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー)後編 登録日 2013年03月28日
【まちをつくる仕事】原田弘子さん(マネジメントオフィスHARADA代表/府中市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー)後編

まちによって、ニーズは変わる〜人口4万人のまちのニーズと強み
活動する協議会〜やりたい人がやりたいことを事業にする〜
まちの人の「やりたい」思いを継続する形で具現化していく
現在と未来、まちで暮らす人が幸せになる姿を夢見ながら
まちづくりを職業として

 


【まちをつくる仕事】迫一成さん(新潟市上古町商店街振興組合理事/ヒッコリースリートラベラーズ代表)前編 登録日 2013年03月25日
【まちをつくる仕事】迫一成さん(新潟市上古町商店街振興組合理事/ヒッコリースリートラベラーズ代表)前編

新潟で「始めること、続けること、出会うこと」
お店は“展覧会場”〜チャレンジショップから、古町三番町へ
気がつくと、エリアをプロデュース
まちを拠点として、自分たちの表現を展開する
築80年の物件を取得し、自らも不動産オーナーに

【まちをつくる仕事】迫一成さん(新潟市上古町商店街振興組合理事/ヒッコリースリートラベラーズ代表)後編 登録日 2013年03月26日
【まちをつくる仕事】迫一成さん(新潟市上古町商店街振興組合理事/ヒッコリースリートラベラーズ代表)後編

いくつもの柱をもった事業展開と、ショールームとしてのお店
地域の中につながりと仕事をつくっていく
「日常を楽しむ」ために──クリエイターとして、経営者として
まちなかに若手クリエイターの発表の場を開く
クリエイターが、まちを活動の拠点にするということ

 


【まちをつくる仕事】豊田雅子さん(NPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事)前編 登録日 2012年12月11日
【まちをつくる仕事】豊田雅子さん(NPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事)前編

添乗員生活を通して気づいた尾道の魅力とその危機
一目惚れして購入した空き家“ガウディハウス”
仲間たちと一緒に「尾道空き家再生プロジェクト」を立ち上げる
20年以上空き家だった建物が再生の拠点に
つながっていなかった、空き家のストックと移住へのニーズ
NPO法人化で進んだ、行政と協働でのマッチング事業
若い移住者によるコミュニティの再構築を目指して

【まちをつくる仕事】豊田雅子さん(NPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事)後編 登録日 2012年12月14日
【まちをつくる仕事】豊田雅子さん(NPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事)後編

再生プロセスをイベントにして、人のつながりを生み出していく
子どももお母さんもアーティストも一緒につくる
みんなで「安く」「面白く」再生していく
「『思い』を『行動』に結びつける姿に人が集まるんです」
地域のDIYスキルをアップすることで、担い手が育っていく
住むための受け皿づくりから雇用の受け皿づくりへ
若い担い手とともに動き出した、収益事業へのチャレンジ

 


【まちをつくる仕事】綾野昌幸さん(伊丹市都市活力部副参事兼教育委員会副参事)前編 登録日 2012年11月12日
【まちをつくる仕事】綾野昌幸さん(伊丹市都市活力部副参事兼教育委員会副参事)前編

祭りの再興を通じて、まちづくりの世界へ
まちの強みを活かした企画提案から始まった「伊丹まちなかバル」
見えない汗が実現させた、伊丹の特別な一日
市民がまちづくりの舞台に上がる階段になってくれる人
市民の思いを実現する“YESと言える公務員”になろう

【まちをつくる仕事】綾野昌幸さん(伊丹市都市活力部副参事兼教育委員会副参事)後編 登録日 2012年11月16日
【まちをつくる仕事】綾野昌幸さん(伊丹市都市活力部副参事兼教育委員会副参事)後編

人に会いに行くことが仕事の基本
まちづくりの楽しさを地域の人と共有する
「まち衆」のまちの「人おこし」
イベントを通じて担い手が立ち上がっていく
「行政は何してくれるん?」と言われる前に
「まちづくりは止まったら負け」をモットーに仕掛け続けたい

 


【まちをつくる仕事】田中和也さん(株式会社ベリー代表取締役[鳥取県米子市])前編 登録日 2012年10月19日
【まちをつくる仕事】田中和也さん(株式会社ベリー代表取締役[鳥取県米子市])前編

空き店舗のリノベーションでまちなかの拠点となる店づくり
建築営業から店づくりの仕事へ
限られた予算で、魅力的な空間を成立させるリノベーション
自分たちの欲しいかたちやデザインを“つくる”
友人の若手商業者たちとのネットワークから広がった仕事

【まちをつくる仕事】田中和也さん(株式会社ベリー代表取締役[鳥取県米子市])後編 登録日 2012年10月26日
【まちをつくる仕事】田中和也さん(株式会社ベリー代表取締役[鳥取県米子市])後編

まちづくりの担い手となる潜在的なコミュニティ
タウンマネージャーとの出会いとまちづくり会社SKYの設立
様々なつながりを生み出す“米子マルシェ”の代表に
若い人材が活躍できる場づくりを

 


【まちをつくる仕事】小口英二さん(多治見まちづくり株式会社・事業課長)前編 登録日 2012年08月24日
【まちをつくる仕事】小口英二さん(多治見まちづくり株式会社・事業課長)前編

商店街の飲食店アルバイトから、まちづくりの世界へ
まちづくりの魅力と挫折
縁もゆかりもないまち・多治見での再挑戦
補助金が終わると、会社も終わり?
出資者を入れ替えて、新規事業をスタートさせる

【まちをつくる仕事】小口英二さん(多治見まちづくり株式会社・事業課長)後編 登録日 2012年08月31日
【まちをつくる仕事】小口英二さん(多治見まちづくり株式会社・事業課長)後編

まちづくり会社が運営するカフェは、普通のカフェと何が違う?
多治見ならではのスタッフの個性と持ち味を活かす
このまちの人が、活躍できる場所をつくる
広がる、まちづくり会社の仕事
どれだけ地域に根付いて活動できるか

 


【まちをつくる仕事】髙本泰輔さん(金沢商業活性化センター・ゼネラルマネージャー)前編 登録日 2012年08月03日
【まちをつくる仕事】髙本泰輔さん(金沢商業活性化センター・ゼネラルマネージャー)前編

まちづくり会社の仕事って、何?
何を、どこまで、やればいいのか!?
ひたすら、相手の話に耳を傾けていく
見えてきた、まちづくり会社の役割
本当に必要と思えることをやるために

【まちをつくる仕事】髙本泰輔さん(金沢商業活性化センター・ゼネラルマネージャー)後編 登録日 2012年08月08日
【まちをつくる仕事】髙本泰輔さん(金沢商業活性化センター・ゼネラルマネージャー)後編

収益を生み出せる事業を企画・提案し、構築していく
企業にスポンサーとしてまちと関わってもらう
みんなを巻き込み、方向を整えていく、まちの“黒子”役
さらに事業を起こすために、新たな“黒子”役を育てる
まちづくり会社で、時代の要請に応じた機能を実現していく

登録日 2012年10月19日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト