研修・セミナー

第5回 まちづくりオープン会議 リーダーが進める人づくりとコトおこし~担い手の巻き込みと次世代リーダーの育成~(Part1)

2013年2月2日に東京で公開収録が行われた第5回まちづくりオープン会議では、石原武政先生のコーディネートで、各地でまちづくりの先頭に立つリーダー6名の方を登壇者に、4名の方をコメンテーターに迎え、「リーダーが進める人づくりとコトおこし~担い手の巻き込みと次世代リーダーの育成~」をテーマに6名の方の取組紹介をもとにディスカッションを行いました。その模様を4部構成でお届けします。

Part1 組織内の人材育成
Part2 地域内人材の発掘・巻き込み
Part3 外部支援者としての発掘・指導
Part4 コメンテーターとのディスカッション

組織内の人材育成

映像(チャプター1)を見る

石原武政さん
流通科学大学商学部特別教授・石原武政さん

石原 まちを元気にしていくことを実践するための人材育成事業として、様々な事業を実施する中で、担い手をどうつくっていくかということがひとつの柱になる。今回はリーダーに集まっていただいて、どうやってまちを動かしていくかを議論していきたい。

まず、「組織内の人材育成」をテーマに、岩村田本町商店街振興組合の阿部さんと長浜まちづくり株式会社の吉井さんから取り組みを紹介いただいたうえで、ディスカッションを進めていきたい。

「1理事1事業制」など商店街における人材育成
(長野県佐久市・岩村田本町商店街振興組合 理事長・阿部眞一さん)

阿部眞一さん
阿部眞一さん

阿部 岩村田本町商店街では、お総菜屋さんや寺子屋塾、地元の米粉うどんをつくって売っているうどん屋さん、居酒屋さんなど、様々な収益事業プラス社会貢献事業をミックスした12の事業を全て直営で行っている。

まちづくり、商店街活性化の原点は、若手の人材育成に尽きると考えている。駅伝に例えると、高度経済成長の商店街の黄金期に商いをしてきた私どもの先輩は第1走者。そこから第2走者である我々にチェンジする転換期を迎えていると認識している。商店街は畑と同じで、耕していないと芽が出てこないし、お店というネギは育たない。ご年配の方々が畑を耕し続けているという状況の中で、若手一人ひとりが、先祖からお預かりしている土地を、これからの子どもたちにしっかりと受け継いでいかなくてはならない、という使命がある。

12の事業には一つの事業に一人の理事が貼り付いている。「1理事1事業制」という形で、一人一人の理事が理事長のつもりで、お総菜屋さんやうどん屋さん、学習塾を経営するといったように、12人のマネージャーが組織を形成している。自分の仕事をしながら商店街活動を行っていく原動力は商店街への愛着だと思う。

「中九紙店」の経営者が理事として運営するお総菜屋さん
岩村田本町商店街の“1理事1事業制”のもと、本業は紙と文具の「中九紙店」の経営者が理事として運営するお総菜屋さん

また、自分の店を経営しているだけでは、自分の器や能力を磨くことはできないと考えている。1メートルの走り高跳びが自分の店の経営だとすると、そこで商店街の事業も行うことによって20センチハードルが上がり、1メートル20センチを飛ぼうとする。常に1メートル20センチを飛び越えていると、自分の店の1メートルも楽に飛べるのではないかという発想で、日頃から商店街を舞台として人材育成を行っている。総菜屋さんを担当している文房具店の理事は、「コロッケも、ボールペン1本売るのも同じことだ」と言う。そういうところからしっかりと学んでいただく。自分だけよければいいとか、誰かがやってくれるというのではなく、「自分たちの畑は自分たちで耕す」ということを根付かせていきたい。

まちづくり会社における若手人材の育成
(滋賀県長浜市・長浜まちづくり株式会社 コーディネーター・吉井茂人さん)

吉井茂人さん
吉井茂人さん

吉井 長浜まちづくり株式会社は2009年8月に設立したばかりだが、中活事業を進めていく上でのソフトの企画会社として中立性・公平性を持ちながらまちづくりをリードすることを目的としている。私自身は商工会議所に籍があるが、立ち上げから今日まで中心になって会社を運営してきた。

設立にあたっては、立ち上げ時の社員・スタッフをどうするのか、という問題があった。いろんな方々から売り込みがあったが、どういった人材が必要なのかをゼロベースで考えて募集を行い、応募者の中からトップの人を雇用している。

募集の条件はあえて難しいものにしており、初年度は数字に強いということを一番求めていたが、求人に際してはあわせてCADシステムを使用した経験がある人を募集して雇用した。

1年目は、経理をはじめ、調査・経営に必要なデータの集計や分析といった“内向き”の仕事ができるスタッフを雇用したが、2年目は外向きのスタッフが必要と考え、“企画ができる人”ということで新卒の女性を採用した。加えて、昨年7月からは建築設計も企画もできる31歳の男性を即戦力のプロパー社員として雇い入れている。

長浜まちづくり株式会社で働く社員の業務風景
オフィスワークや視察での事例発表、ライフスタイルブランド構築のためのトークセッションなど、長浜まちづくり株式会社で働く社員の業務風景

私どもの弱点として情報発信力が弱いということがあるため、今後はIT技術に優れて情報発信に長けた人材が必要となっている。また、2年前から駅前再開発事業を行っており、将来新会社をつくることを予定しているため、これを担当できる人材も必要になってくる見込みだ。

社員に求めることは3点。1つは、まちの歴史をはじめとしてまちについての全てのことを知ってもらうこと。2つ目は、自ら考えて仕事をしてもらうこと。3つ目は、体系的にものごとを考えられるということ。そういった人材をこれからも雇い入れていきたい。

経営サイドについていえば、経営陣は社員を頭脳として認め、働きやすい環境をつくる必要がある。会社の経営が赤字だからといって人件費を削減するのではなく、生き生きと働くのに十分な人件費を調達するのが経営陣の役割だと考えている。

理事の世代交代はどのように行っていけばいいか(石原→阿部)

石原 岩村田商店街で先代から振興組合の理事会や理事長を一気に若返えらせたのは今から15、6年前のことだと思う。こうしたことを一気にやる時はいいが、その後の世代交代が難しいこともある。岩村田商店街では若い理事への切り替えを行っているが、そこはどのように行っているか。

阿部 15年前に世代交代をしていただき、当時三十代後半だった我々が理事となって、日本一若い理事会になった。その後すぐに私が理事長になると角が立つから、非常にやわらかい理事長に5年ほどやっていただき、私がバトンタッチして10年ほどになる。

現在、次の若手が30代前後の青年会を組織しているので、それぞれの役割を受け継ぎながら、また新しいチームを形成している。今はそのバトンタッチの仕方とタイミングを探っているところだ。

石原 多くの商店街では、それこそ理事どころか、30代・40代で商売している人を探すことのほうが難しいぐらい高齢化が進んでいて悩んでいる。それぞれの個店での世代交替はうまくいっているのか。

阿部 いわゆる跡取り息子、後継者ということでは、次の世代の商店街を担うことは難しいという状況認識だ。若手がどんどん出店をしているため、そこで下働きを積んでもらいながら、一気に理事に持って行くという連係プレーをとっている。6割が後継者、残りの4割がヨソ者、という形になっている。私どもは中山道の宿場町だから、よそ者は全て受け入れる、という風土があることには感謝している。

1理事1事業で、各事業を担当する理事をどのように決めているか(吉井→阿部)

吉井 岩村田商店街の1理事1事業制では、惣菜屋をはじめとする事業の割り振りは、阿部さんが担当理事を指名しているのか、あるいは向こうから名乗りを上げさせているのか。

阿部 私が指名している。私はいわゆる人間観察が好きで、人の向き不向きを普段から見るようにしている。うまく根回しをしながら少し試してみて、ちょっと失敗したな、とか、これは失敗するけれども結果的にその人の事業について学ぶことができるかな、ということを見ながらやっている。そうやって人を見て気持ちを汲み取っていくことが私の役割だと思っている。

まちづくり会社の人材の採用は地元の人にこだわっているか/社員に必要なスキルはどのように学んでもらっているのか(藤田→吉井)

藤田とし子さん
まちとひと 感動のデザイン研究所
代表・藤田とし子さん

藤田 まちづくり会社の人材を採用する際は地元の方にこだわっているか。また、社員に必要なこととして、まちの歴史を知ることや自ら考えること、体系的に考えることとおっしゃっていたが、これは、社員が自ら体得していくべきということなのか、あるいは会社としてプログラムを組んでいるのか。

吉井 地元か他地域か、ということにはこだわっていない。外部から来ていただいたほうが長浜の住民が増えるので、歓迎している。また、しがらみを持たない人のほうが割り切れることもある。最初に雇用した人は地元出身だったが、2人目は岡山県、3人目は茨城県の出身だ。

社員に求めるスキルについては、積極的に研修会に参加させるなどして外の空気を学んでもらっているが、社内でプログラムを組んで育成するということはしていない。

Part2に続きます

チャプター1

登録日 2013年3月29日(金曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト