コラム・事例紹介

第5回 「おすすめまち案内絵図」(青森県青森市・前編)

第5回 「おすすめまち案内絵図」(青森県青森市・前編)

「地図」ではなく「絵図」な理由


池田海さんのイラスト

表紙を飾るりんごのキャラクターは、墨絵画家・池田海さんの手によるもの。やわらかく微笑むりんごのイラストで、青森ならではの「おもてなしの心」が表現されています。

また、本当は使いたかったけれどもコストが高くて諦めた、つや消しの和紙風の紙の色合いや風合いをそのまま印刷。一見するとその紙を使ったような温かみを表現。思わず手に取ってしまうような手触り感が表されています。

道路は筆書きを基調にデザインされており、普通の地図をトレースしているので縮尺はほぼ正確でありながら、やわらかくかつ何となく歩いてみたくなるイメージに。

また、女性部メンバーのお店には、表紙のリンゴのキャラクターを描いたフラッグが掲げられています。この旗印のあるお店に、わからないことはどうぞお訊き下さいという思いが示されています。

 


何となく歩いてみたくなる、筆書きのMAP

店頭に貼られたフラッグ

MAPは発行された時点から情報が古くなっていくもの。だからこそわからないことがあったら女性部員のお店に寄ってもらうことでまちの変化に対応しよう──MAPというハードでは対応できない部分を、「人」というソフトで補う仕組みがつくられているのです。

有名な観光スポットは、一度訪れてしまえばそれっきりになってしまいがちですが、「人」との出会いは回を重ねる毎にその場所に愛着を生み出していきます。

「正確な地図」「正確なガイド」であることより、「思わず手に取って、まちを歩きたくなる」きっかけが散りばめられた「おすすめまち案内絵図」。
「絵図」というタイトルには、そんな思いが込められているのです。

 

「おすすめまち案内絵図」データ

制作期間 3ヶ月(企画・構想からは1年)
製作スタッフの数 女性部役員7名、代理店1名、イラスト1名
費用 40万円
使っている補助金など 平成19年度青森県地域プロジェクト支援事業費助成金
配布場所 各女性部部員店頭、青森観光案内所、青森県観光案内所、ホテルのフロントなど
発行部数 1万部
今後の予定 まちなかで入手できる地産品の写真などを加えた改訂版を新幹線新青森駅開業までに準備中

 

後編に続きます
1 2 3
第5回 「おすすめまち案内絵図」(青森県青森市・前編)
  青森のまちの最前線から
  「ねぶた」だけではない青森のまち
「地図」ではなく「絵図」な理由

 

関連リンク

青森市中心商店街女性部
青森市新町商店街振興組合

関連記事

青森市実践高度化研修

まち歩きMAPの情報を募集しています

街元気では、まちづくりの参考にして頂くために、まち歩きMAPの情報を募集しています。「自分のまちではこんなMAPをつくっている」「このMAPは面白い」という情報がございましたら、掲示板にてご紹介をお願いいたします。

まちづくり掲示板

 

登録日 2010年8月30日(月曜)02:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト