コラム・事例紹介

第10回 「宇都宮餃子オフィシャルMAP」(栃木県宇都宮市・後編)

第10回 「宇都宮餃子オフィシャルMAP」(栃木県宇都宮市・後編)

ブームからブランドへ

1993年、発足したばかりの宇都宮餃子会の取り組みがマスコミで紹介される機会が訪れました。

きっかけは、テレビ東京の「おまかせ!山田商会」というバラエティ番組で、約半年の間、7回にわたって「餃子」をテーマとしたまちづくりに取り組む姿が全国に放映されたこと。宇都宮の餃子はまたたく間に全国に知れ渡るとともに他のメディアからも取材依頼が殺到、紹介されたお店には長蛇の列ができ、宇都宮餃子ブームが訪れます。

とはいえ、宇都宮餃子会や市による取り組みは一過性で終わるものではありませんでした。


空き店舗を活用してつくられた「来らっせ」


2007年、店舗拡大した「来らっせ」

宇都宮餃子会などの着実な取り組みが大きく実を結ぶのは、テレビ放映から5年が経ち、ブームの記憶も薄れてきた1998年。宇都宮商工会議所が国の補助を受けて中心市街地の空き店舗を活用した実験店舗「おいしい餃子とふるさと情報館・来らっせ」をオープンします。

もともと観光客向けではなかった餃子専門店の多くは、大通りにあるわけではなく、初めて宇都宮を訪れた人には辿り着きにくいものでした。そこで、宇都宮餃子会の中でも著名なお店の味を一ヵ所で楽しむことのできる、「餃子のまち」のシンボルとなる施設「来らっせ」で自分好みの味を見つけ、それから「餃子マップ」を片手に本店を巡るという観光客の姿がよく見られるようになったのです。

観光客の数は増加の一途をたどり、餃子は一過性のブームではなく、宇都宮のまちを象徴するブランドとなっていったのです。

 

 

次項 官民一体となった「観光まちづくり」
1 2 3
第10回 「宇都宮餃子オフィシャルMAP」(栃木県宇都宮市・後編)
  宇都宮餃子の物語
ブームからブランドへ
  官民一体となった「観光まちづくり」

関連リンク

宇都宮餃子会
宇都宮観光コンベンション協会
宇都宮商工会議所

関連記事

まち歩きMAPのひきだし 第1回「鉄板こなもんMAP」(神戸市新長田地区・前編)

まち歩きMAPの情報を募集しています

街元気では、まちづくりの参考にして頂くために、まち歩きMAPの情報を募集しています。「自分のまちではこんなMAPをつくっている」「このMAPは面白い」という情報がございましたら、掲示板にてご紹介をお願いいたします。

まちづくり掲示板

 

登録日 2010年10月04日(月曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト