コラム・事例紹介

第11回 「てんでん銚子まち歩きマップ」(千葉県銚子市・前編)

第11回 「てんでん銚子まち歩きマップ」(千葉県銚子市・前編)

迷い見つけるまちめぐり!




銚子の地名の由来に始まり、
歴史や文化的背景を丁寧な手書きの文字で解説

これら3つのエリアを紹介するのはきつね、かもめ、海亀という銚子に馴染みのある3つのキャラクター。

たとえば、テレビドラマなどで幾度もロケ地となり、ノスタルジックな町並みを残す「坂のまちエリア」のシンボルキャラクターは海亀ですが、これらのキャラクターが採用された理由も、マップには記されています。

「銚子の漁師は沖で亀を捕らえると酒を呑ませて海へ返します。『海亀』は竜宮城のお使いであり長命の象徴なので、このエリアのキャラクターになっています……」「カモメはイワシのいる場所を教えてくれるので、昔から漁師は竜宮城のお使いと信じ、捕ったりいじめたり食べたりしません」

もちろんキャラクターだけでなく、銚子という地名の由来についてトリビアのようなマメ知識から、それぞれの観光スポットについて歴史的な理解を深める解説や現在のまちの様子まで、まちを楽しむポイントが話し言葉と手書きの丁寧な文字でマップの一面に散りばめられているのです。

まちの歴史と文化的背景を知る「読み物」としても重宝してしまうこのマップ、まるで語り部がいて、銚子のまちへといざなってくれるかのようです。

「そんなにたくさんの情報があったら、道に迷ってしまいそう……」と思われる方もいるかもしれません。わかりやすさには万全の配慮を払いながらも、地図の表紙には「道に迷ってしまったら、近くのお店やまちの人に気軽に声をかけてくださいね」と書いてあります。

地域の方言に触れ、地元の人と交流することはまち歩きの醍醐味のひとつ。地元の人にとっても、外からやってきた旅行者と触れ合うことは、自らの地域を再発見するきっかけになります。そんな地域との交流のきっかけになることを目指して作成されたのが、「てんでん銚子まち歩きマップ」なのです。

 

「てんでん銚子まち歩きマップ」データ

制作期間 3ヶ月
制作スタッフの数 「まちなか歩き研究会」13名、デザイナー1名
発行部数 当初6,000部
制作費用 約358,000円
利用した補助金等 なし
マップの配布先・設置先 スローライフまちづくり全国都市会議、ちばデスティネーションキャンペーン等で配布・銚子市、銚子市観光協会、地域の情報ステーション等に設置
今後の予定 検討中

 

後編に続きます
1 2 3
第11回 「てんでん銚子まち歩きマップ」(千葉県銚子市・前編)
  地域再生のためのまち歩きマップ
  上下が逆さまの地図!?
迷い見つけるまちめぐり!

 

関連リンク

銚子市
銚子市観光協会会
外川ミニ郷土資料館

まち歩きMAPの情報を募集しています

街元気では、まちづくりの参考にして頂くために、まち歩きMAPの情報を募集しています。「自分のまちではこんなMAPをつくっている」「このMAPは面白い」という情報がございましたら、掲示板にてご紹介をお願いいたします。

まちづくり掲示板

 

登録日 2010年10月04日(月曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト