コラム・事例紹介

第18回 「新潟の町 小路めぐり」(新潟県新潟市・中編)

第18回 「新潟の町 小路めぐり」(新潟県新潟市・中編)

昔といまをつなげるまち歩き


水色の部分がかつての信濃川(大川)の流路。
その前にあるのが「上大川前通り」。


地図、写真に付されたテキストは、
小路の名称の由来だけでなく、
まちを楽しむ糸口が散りばめられている。

たとえば、「上大川前通り」と呼ばれる通りを見てみましょう。

上大川前通りは、江戸時代には回船問屋の大店が軒を並べ、現在でもそうした回船問屋の建物や古い町屋を見ることができる通りです。

名前をよく見るとわかるように、上大川前通りは、現在は信濃川と呼ばれている「大川」の「前」にある「通り」です。

マップを見ると、上大川前通りが「大川」と呼ばれた信濃川の左岸に沿ってできた通りであることが、一目瞭然。

埋め立てが進んだことで信濃川の河岸は遠ざかり、現在は「大川前」という地名だけが残っています。

しかし、当時の信濃川の流れに沿って緩やかにカーブする道に立ってマップを見ると、かつての信濃川の風景が立ち上がってくるような錯覚さえ抱くほどです。

イラストに付された解説テキストには、こうした350年の歴史を超えて現在に生きるまちの姿を楽しむヒントが散りばめられています。

目には見えない昔の風景を地図上に再現することで、ただ歴史的な名所をめぐるだけでなく、過去と現在が一体になったまち歩きを体験させてくれるのが、「新潟の町 小路めぐり」なのです。

「新潟の町 小路めぐり」データ

制作期間 1年
制作スタッフの数 5名
発行部数 シリーズ2部作で累計9万8千部
制作費用 97万円
利用した補助金等 まちづくり交付金
マップの配布先 市内の公共施設、歴史的施設、観光施設、観光案内所、商店街など
今後の予定 まち歩きマップ寺町編を作成予定

後編に続きます
1 2 3
第18回 「新潟の町 小路めぐり」(新潟県新潟市・中編)
新潟にとって小路とは何か
350年の歴史を圧縮したまち歩きマップ
昔といまをつなげるまち歩き

関連リンク

「新潟のまち 小路めぐり」はこちらからダウンロードできます。
みなとまち新潟 日和山 五合目から
全国路地サミット 2010 in Niigata
  中央区だより

関連記事

第17回「新潟の町 小路めぐり」(新潟県新潟市・前編)
第19回「新潟の町 小路めぐり」(新潟県新潟市・後編)

まち歩きMAPの情報を募集しています

街元気では、まちづくりの参考にして頂くために、まち歩きMAPの情報を募集しています。「自分のまちではこんなMAPをつくっている」「このMAPは面白い」という情報がございましたら、掲示板にてご紹介をお願いいたします。

まちづくり掲示板

登録日 2010年11月29日(月曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト