コラム・事例紹介

第22回 「長崎さるくマップ」(長崎県長崎市・前編)

第22回 「長崎さるくマップ」(長崎県長崎市・前編)

「さるく」という新しい観光スタイル




長崎さるくマップ

江戸時代には国内唯一の貿易港であり、多くの異国人を受け入れて多様な文化を発展させてきたまち・長崎。異国情緒あふれるまちなみはこれまでも観光地として人気を博してきましたが、近年さらに新しい観光スタイルを提案し続けているのが、長崎観光コンベンション協会の発行する「長崎さるくマップ」です。

“さるく”とは、長崎弁で“ぶらぶら歩く”という意味。いわゆる観光名所だけにとどまらず、“ぶらぶらと歩いて”こそわかる、長崎のまちの魅力を隅々までガイドするまち歩きマップです。

マップ作成のきっかけとなったのは、2006年に開催された、パビリオンを設けずまち全体を会場に見立てて行われた“日本ではじめてのまち歩き博覧会”である「長崎さるく博'06」。

幕末に活躍したスコットランド出身の貿易商、トーマス・グラバーの住居で、歴史的建造物として重要文化財に指定されているグラバー園や大浦天主堂といった、歴史年表にも載る大文字の観光スポットだけでなく、それまで発信されてこなかった地域独自の歴史や文化が隠れたスポットの楽しみ方を創造・発信するために開かれたのが「長崎さるく博'06」でした。

大好評に終わった会期終了後も、そのコンセプトを引き継ぎ、発展させているのが「長崎さるくマップ」と、それに関連する様々な仕掛けなのです。

次項 まちを読み解き歩くことの面白さ
1 2 3
第22回 「長崎さるくマップ」(長崎県長崎市・前編)
「さるく」という新しい観光スタイル
まちを読み解き歩くことの面白さ
まち歩き観光のための仕掛けの数々

関連リンク

長崎さるく

まち歩きMAPの情報を募集しています

街元気では、まちづくりの参考にして頂くために、まち歩きMAPの情報を募集しています。「自分のまちではこんなMAPをつくっている」「このMAPは面白い」という情報がございましたら、掲示板にてご紹介をお願いいたします。

まちづくり掲示板

登録日 2011年1月11日(火曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト