福島県福島市現地研修レポート

空き地・空き店舗をいかに活用していくか~株式会社による商業者育成とまちの魅力を高める取り組み~

「ふくしま屋台村こらんしょ横丁」によるまちの魅力づくり

ふくしま屋台村こらんしょ横丁
ふくしま屋台村こらんしょ横丁
福島市中心部に9店舗で運営され、年間来場者が5万人、売上高が1億円を超えるなど、にぎわいを生んでいる「ふくしま屋台村こらんしょ横丁」。

地産地消をコンセプトにこだわりの県産品食材を使って工夫を凝らしたメニューが並ぶ屋台村は、2006年に商工会議所青年部の「屋台村委員会」による3年間の時限付きの取り組みとしてスタートしました。

3年間で来場者の数が10万人を超え、売上高も2億円を超えていたため、期限を迎えるにあたって屋台村委員会のコアメンバーとして当初から事業に携わっていた福地氏が立ち上がり、ふくしま屋台村株式会社を設立。「中心市街地活性化」「地産地消の促進」「企業支援・起業支援」の3つをコンセプトに事業を存続させることに決めました。

実施にあたっては、事業がうまく行かなかった場合には傷口を広げないために速やかに撤退できるよう屋台の撤去費用をストックしておくなど、仮設建築物プロジェクトならではの運営に必要な収支シュミレーションを作成。補助金も大幅に減少するなかで、出店者からの出店料と家賃収入をベースとして運営することを基本的なスキームとしました。

メディア戦略と創業育成のための環境づくり

1 2 3 4
空き地・空き店舗をいかに活用していくか~株式会社による商業者育成とまちの魅力を高める取り組み~
  消費者ターゲットを踏まえたテナント誘致
  商業者支援の取り組み
「ふくしま屋台村こらんしょ横丁」によるまちの魅力づくり
  メディア戦略と創業育成のための環境づくり
登録日 2011年2月23日(水曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト