コラム・事例紹介

第16回 特色を活かしたイベント型テーマ体験講座で、新規来街者を増やす!──下関駅前・グリーンモール商店街の「韓流文化体験講座」

特色を活かしたイベント型テーマ体験講座で、新規来街者を増やす!──下関駅前・グリーモール商店街の「韓流文化体験講座」

下関駅前のグリーンモール商店街は韓国風焼肉店や韓国料理店、韓国食材店などが並ぶ日本のなかの韓国、下関のなかの「リトル・プサン」をテーマに掲げ、商店街の活性化に取り組んでいます。

商店街では、それまでの自治会としての活動を経て2009年に商店街振興組合を設立、補助事業などを起爆剤に「来街者の増加」「個店支援」「事務局機能の強化」の3つを柱に活動しています。

2010年11月には、そうした取り組みのひとつとして、新規来街者の増加と商店街の直営事業の両者を実現するべく「韓流文化体験講座」を実施しました。

商店街事務局では従来から「韓国語講座」や「ポジャギ(韓国流パッチワーク)講座」を実施していましたが、今回の体験講座はこれらを一日のスケジュールに組み直したもの。参加される方が午前に1講座、昼食時に韓国グルメの1講座、そして午後にも1講座が受講できるプログラムを組み、その受講を目的に来街してもらうというものです。開催日には、告知期間が短かったにも関わらず、全11講座に60名を超える参加者が集まりました。

各講座の講師の方には、最低開講人数と所要時間、必要な受講料・材料費などを提示してもらい、それに事務局の運営費(告知宣伝費や会場代)を足したものを体験講座料金として設定、運営費をまかなう仕組みとなっています。

街元気研修で現地で学んだ別府の「オンパク」や久留米の「まち旅博」などをヒントに、グリーンモールのテーマである韓流をその方法に適用した今回のイベントは、外部から講師を招聘するだけでなく、地元の商店の人が講師になる「キムチづくり体験講座」や「韓流ランチタイム特講」などもあり地元事業者の受け入れ先の掘り起こしにもつながりました。

今後はさらにターゲットを広げ、来街者増加の基軸となるイベントとして取り組んでいこうと考えており、地元でも期待されています。

 

関連データ

取組場所 山口県下関市
掲載媒体 「山口新聞」平成22年10月28日版
連絡先 グリーンモール商店街振興組合 電話番号:083-224-5523

 

登録日 2011年3月17日(木曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト