コラム・事例紹介

音楽のまちづくり“おとまち”

佐藤 雅樹 佐藤 雅樹 (さとう まさき)
(株式会社ヤマハミュージックジャパン 事業開発部長おとまちプロデューサー)

美術系大学を卒業後、ヤマハ株式会社に入社。
インテリアや環境音のデザインなどを経て、人と人、人と様々なモノをつなぐデザインの在り方、影響力について考え始める。
2009年より、音楽が持つ「人と人をつなげる力」を使って、地域リソース活用による多様な市民文化活動のプロデュースを通じ、ソーシャルキャピタルの醸成と、より多くの人々が交流するまちづくりを目指す「音楽の街づくり“おとまち”」を推進。
地域の活性化、価値向上に取り組む企業や自治体に対してのコンサルティングを展開している。

 
 

-音楽の街づくり“おとまち”がいま注目を集めています。御社がまちづくりを手掛けるに至ったきっかけとは何でしょうか-

 ヤマハという会社には、社会とのつながりを大切にするという“企業のDNA”があります。日常に音楽を普及させるという社会性のある目的の一翼を担いながら、これまで事業を拡大させてきました。しかし、少子化の波が訪れ、習い事や趣味も多様化し、また企業が自社の商品を売るためだけにイベントを仕掛けるような風潮も薄れつつあります。このような社会情勢の変化を受け、いま一度原点に立ち返り、音楽の持つ価値、ヤマハとしての社会への貢献の仕方など、あらゆる方向から真剣に考えました。
 そういった中、社員から、「コンサートホールの方に楽器を購入して頂きましたが、『もっと有効に楽器や施設を活用するために、これからどのようなことを行えば良いのでしょうか』といった相談も最近は増えてきています」との話がありました。そのコンサートホールに訪れている人も年々減少しつつあるようでしたので、まずは“どうやったらコンサートホールに足を運んでもらえるようになるのか”ということから検討を始めました。コンサートホールで待っているよりも、 外に出てみようと。いったんコンサートホールのことは置いておき、音楽はコミュニティそのものであるという考えから、屋外で、市民の方々が音楽を楽しめるおとまちのコンセプトの外形ができあがりました。

1 2 3 4
登録日 2016年3月31日(木曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト