コラム・事例紹介

これからの地域におけるインバウンド戦略
-日本最大級の訪日外国人観光客向けWebマガジンの展開を通じて-
株式会社MATCHA 代表取締役 青木 優さん (後編)

青木 優

株式会社MATCHA 代表取締役社長
青木 優(あおき・ゆう)

大学在学中に世界一周、日本を巡る旅をする。日本の魅力を自分の目で見て、発信し、残していきたいという想いから2013年12月、株式会社MATCHAを創業。 “日本の価値のある文化を時代とともにを創っていく。”をコンセプトにした外国人観光客向けのWebメディア“MATCHA”をリリース。取材・撮影を踏まえ外国人読者に届きやすい表現で記事を制作(10言語対応)。現在、世界211の国と地域からアクセスがあり、月間180万UUを記録。

前半では、青木さんがされている事業やきっかけなどをお伺いさせていただきました。
後半では、事業実施上のポイント、今後の事業展開についてお伺いさせていただきます。

事業を進める上で工夫されていることは何ですか?

 現在MATCHAでは10言語を展開していますが、多言語展開するにあたり、ただ翻訳すれば終わりというスタイルではありません。やはり、国によって情報の捉え方が異なりますし、宗教上の問題で出せない情報もあります。それぞれの国に対して、都度、伝え方を変えなくてはいけません。例えば、インドネシアはイスラム教徒が多いため、豚肉やハロウィンの記事は出しません。その他にも、領土問題や歴史問題が絡んでくる記事はその関係国には出さないなどの配慮は常に行っています。
 また、10の提供言語の中で特徴的なのは、外国の方向けに分かりやすい日本語で情報を提供している「やさしい日本語」です。やさしい日本語を提供しているメディアは現在ほとんどありません。NHKとMATCHAぐらいです。留学生も増えている今、観光という情報だけでも十分なニーズがある。
 さらに、MATCHAの特徴として、しっかりと取材して記事を作っているという点があります。例えば、受け入れ側も言語の問題などで体制が整っていない場合など、外国人が突然訪問すると困るところも多く、許可を取った上で取材をさせてもらうことにしています。その他にも、取材をしっかりさせてもらうことによって、ウェブ上にある情報だけでは見えない要素などのストーリーを拾うことができ、深く伝えることができるなと思っています。

1 2

関連リンク

MATCHA
「これからの地域におけるインバウンド戦略-日本最大級の訪日外国人観光客向けWebマガジンの展開を通じて-」(前編)



登録日 2018年3月08日(木曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト