コラム・事例紹介

「プレイスメイキング」合意形成の新しい手法(前編)
有限会社ハートビートプラン 園田 聡さん

園田 聡

有限会社ハートビートプラン
園田 聡さん(そのだ・さとし)


2009年工学院大学大学院修士課程修了。商業系企画・デザイン会社勤務を経て、2015年同大学院博士課程修了。博士(工学)。専門は都市デザイン、プレイスメイキング。現在は、有限会社ハートビートプランのメンバーとして大阪・東京を拠点に全国各地でプレイスメイキングの理念・手法を用いた実戦に取り組んでいる。工学院大学 客員研究員。埼玉県所沢市出身。34歳。

まちづくりの分野でも注目を浴びる、新しい時代の都市デザインの手法「プレイスメイキング」。それは、「愛着を持たれるような居場所」をどう創っていくか、そのプロセスをデザインする概念であるという。プレイスメイキングの研究者であり実践者である園田聡さんにお話を伺いました。

修士論文のテーマは中心市街地活性化協議会でした

 大学で都市デザインを学んだ後、大学院では中心市街地の活性化について研究しました。2006年に中心市街地活性化法関連のいわゆるまちづくり三法が改正されたこともあって、修士論文の研究テーマは『中心市街地活性化協議会の組織運営と事業評価について』という壮大なテーマでした(笑)。
 当時から、商店街再生のために補助金を入れてイベントをやる、という手法は賛否両論ありましたが、まず必要なのは「組織論」なんじゃないかと僕は思っていました。国が所轄して一気に市町村レベルの中心市街地活性化協議会を立ち上げるという構造の中で、都道府県というより道州制レベルの「中間支援組織」を作り、地域ごとの実情を反映したフォローアップや専門人材を派遣するといったことが必要なんじゃないかと思ったわけです。
 もう一つは「事業評価」、そこにすごく関心がありました。何かに取り組んだ時、何が成功だったのか、時代の流れの中でどう改善し、ビジョンを再構築していくのか。その時に紐解いたのが、日本の中心市街地活性化法の元になったイギリスの「タウンセンターマネジメント」。KPI(重要業績評価指標)やATCM(タウンセンターマネジメント協会)による会員サービスを参考に、もう少し成果と受益者負担が連動するような仕組みにして地域でチェックしていくといったことが必要なのではないか、といった趣旨の論文になりました。
 当時、国内に127あった中心市街地活性化協議会すべてにアンケートを送付し実情をお聞きしました。自由記述欄に熱い想いを書いてくださった事務局の方もいらっしゃいましたね。
 これから街をどう変えていくのかと考えた時に、自分たちの意識で動きがとれ、かつ街にコミットできるのは、行政組織よりも商店街などもう少し小さいエリアだと感じました。
 卒業後、一旦は商業企画とインテリアデザインの会社に入社したのですが、直前にリーマンショックがあるなど思うところもあって、一年で大学の博士課程に戻りました。
 博士課程では、都市デザインの分野で、場に入って点から街を変えていくという「プレイスメイキング」という考え方が、アメリカを中心にあるので、それを研究したらどうかと恩師の先生からアドバイスをいただいたんです。調べていくうちにその面白さに魅せられて、プレイスメイキングの研究に没頭していきました。
 この時期は、国交省がプレイスメイキングを推進していこうと海外の第一人者を招いてシンポジウムを開催したり、プレイスメイキングに関する論文が国内でも発表されはじめるなど、徐々に認知度も上がってきたように思います。ちなみに僕の研究論文は、プレイスメイキングについて書いた博士論文としてはたまたま日本で二番目だったんです(笑)。

関連リンク

有限会社ハートビートプラン
「プレイスメイキング」合意形成の新しい手法(後編)

登録日 2019年3月25日(月曜)00:00

ログイン

新規会員登録はこちら

メールマガジン配信内容募集中

マチイベ!(街のイベント)募集

-中心市街地活性化-まちづくり-サイト内検索

-中心市街地活性化-まちづくり-もっと詳しく検索する

好きなまちで挑戦し続ける

街元気パンフレット

街元気サイトツイッター

街元気facebook

  • -中心市街地活性化-まちづくり-経済産業省
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中小企業基盤整備機構
  • -中心市街地活性化-まちづくり-全国商店街支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-中心市街地活性化協議会 支援センター
  • -中心市街地活性化-まちづくり-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト